PR

ニュース プレミアム

挑むのではなく目指す「2年目のジンクス」 阪神矢野監督、15季ぶり胴上げへ決意

インタビューに答える阪神の矢野燿大監督(山田哲司撮影)
インタビューに答える阪神の矢野燿大監督(山田哲司撮影)

 昨季、シーズン最終盤の6連勝でセ・リーグ3位に滑り込み、クライマックスシリーズ(CS)進出を果たしたプロ野球の阪神タイガース。最下位に沈んだチームの立て直しに就任1年目で成功した矢野燿大監督(51)が、今季目指すのは「2年目のジンクス」だ。2005年を最後に遠ざかるリーグ優勝に向け、決意を語った。  (上阪正人)

今季も次の塁を

 就任2年目の20年シーズンをいかに戦うか。方針はすでに頭の中にはっきりと描かれている。「投手を中心としながら、足とか小技を使っていく」

 「超積極的」を掲げた昨季はルーキーながら36盗塁で盗塁王に輝いた近本光司を筆頭にリーグトップの100盗塁を記録し、走るチームへと変貌を遂げた。相手チームの警戒心も「だいぶ植え付けられた」と自負をのぞかせる。「みんなでやれた100盗塁。次の塁を狙う気持ちをつなげられれば、野球はうまくなる」

 たとえ凡打であっても一塁までの全力疾走を怠らないなど、選手一人一人の意識改革は今季も続く。その上で目指すのは15季ぶりのペナント奪取、そして1985年以来35年ぶりとなる日本一だ。

2軍も一丸で

 ただ、ジョンソン、ドリスら外国人選手の退団もあって、戦力の低下を懸念する声もある。タフな戦いとなりそうだが、そこは昨季活躍できなかった選手への期待もある。「2軍にいた選手には1試合、自分がヒーローになる試合を作ってもらいたい。シーズンは長いから、その中で2軍の選手が出てきてくれるのはすごく力になる」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ