PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】東京から移住…劇作家の平田オリザさん、地方を劇的に変える「物語」演出

「東京に比べたらストレスがない」と豊岡暮らしを気に入っているという平田オリザさん =兵庫県豊岡市の自宅書斎で(安元雄太撮影)
「東京に比べたらストレスがない」と豊岡暮らしを気に入っているという平田オリザさん =兵庫県豊岡市の自宅書斎で(安元雄太撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 兵庫県北部にある人口約8万人の小都市が、「演劇のまち」づくりに動き出している。但馬地域の中心、豊岡市。旗振り役は、国際的にも著名な劇作家、平田オリザさん(57)だ。昨年には家族そろって東京から同市内に移住し、主宰する劇団の俳優たちの転居も始まっている。観光とアートを融合した専門職大学の学長にも就任予定。まさに舞台さながら、人口減に直面する地方都市を劇的に変える斬新、かつ大胆な“物語”を演出しようとしている。(聞き手 編集委員・河合洋成)

■東京から豊岡へ

 「みなさん、豊岡市民になったオリザさんです…」

 豊岡市日高町で開かれた講演会。少し照れた表情を見せながら、平田さんは演壇に立った。講演のテーマは「但馬に大学をつくる」。大学とは、JR豊岡駅近くに開校する兵庫県立の国際観光芸術専門職大学(仮称)。令和3年春の開学予定だ。

 学長候補として、夢を語る。「城崎温泉を中心に豊岡は回遊型の国際観光都市になれる。観光のポテンシャル(潜在能力)をアートによって引き出せる人材を育成する。オール豊岡でならできる」。わきあがる拍手。コウノトリ(国特別天然記念物)で有名な豊岡だが、新たな“救世主”が舞い降りてきたような空気感だった。つめかけた聴衆が向ける熱い視線に、期待値の大きさがわかる。

「オール豊岡で国際観光都市に」と夢を語る平田オリザさん(安元雄太撮影)
「オール豊岡で国際観光都市に」と夢を語る平田オリザさん(安元雄太撮影)
その他の写真を見る(2/6枚)

 日本海に注ぐ円山川沿いに建てた新築の家に引っ越してきてから、こうした“歓迎会”が続いている。「ありがたいこと。妻は快適に暮らしているし、子育てには東京より格段に良い環境」。55歳のときに生まれた男の子の前でほほ笑む。父親の顔に戻る。しかし、新居に戻れるのは「週1回程度」だとか。本業だけではなく、講演活動や演劇授業などで、ひっぱりだこだからだ。「それも東京にいたときと同じで、豊岡でも変わらない」と話す。

 お気に入りなのは、特急が止まる駅(JR江原駅)まで徒歩4分、インターチェンジ(北近畿豊岡自動車道日高神鍋高原IC)まで車で5分、コウノトリ但馬空港まで10分の便利さだという。「渋滞もないし、東京に比べたらストレスがない。朝には鹿の親子が出てきたりもする。不便さは全く感じていない。逆に東京の方が不便ですよ」

 東京出身の平田さんが移住を決めるほど豊岡と関わるようになったのは、ある偶然の相談からだった。

(次ページ)市長、文科省、天ぷら屋…お荷物施設が世界的に

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ