PR

ニュース プレミアム

【関西企業 2020展望】洋上風力発電、複数地点で検討 大阪ガス・本荘武宏社長

事業戦略の展望を語る大阪ガスの本荘武宏社長 =大阪市中央区
事業戦略の展望を語る大阪ガスの本荘武宏社長 =大阪市中央区

再生可能エネルギーを倍増へ

 ――昨年は米国の資源会社を買収するなど海外事業で多くの動きがあった

 「米テキサス州でシェールガスの生産事業を行うサビンオイル&ガス社を完全子会社にしたほか、米国でフリーポート液化天然ガス(LNG)プロジェクトや天然ガス火力発電所が商業運転を開始した。2019年度に65憶円程度を見込む海外事業の利益は、20年度には約3倍になる見通しで、これまで成長投資してきたものが収益に貢献するようになる」

 ――昨年12月には英国のエネルギー小売り会社イグルー社への数億円規模の出資も明らかにした

 「この会社は電力自由化が進む英国で省エネ技術やITを使った料金決済のノウハウを持っている。人材を派遣して同社が持つノウハウの吸収につなげたい。ほかの案件でもそうだが、買収して生産を増やすだけでなく、企業の持つノウハウ、技術をどれだけ吸収できるかが重要だ」

 ――再生可能エネルギーの電源確保はどう進めるか

 「洋上風力発電の取り組みを強化したい。洋上風力は建設コストが下がり、規模の経済性が働くようになった。現時点で建設地点の検討対象は複数ある。30年度までに再生エネルギーの電源を100万キロワット分確保する目標を掲げてきたが、多様な電源確保のためには100万キロワットでは全然足りないので、調達も含めて少なくとも200万キロワットへ倍増しなければならない」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ