PR

ニュース プレミアム

小5から飲酒…19歳少年がスナックで客を撲殺するまで

注意する大人おらず

 伸びかけの丸刈り頭で法廷に現れた少年。大阪地裁で開かれた裁判員裁判では、事件の経緯とともに、少年の生い立ちや家庭環境が明らかにされた。

 4歳のころ両親が離婚。沖縄へ転居後、不登校となった。そして小学5年から飲酒習慣が始まったという。

 「中学生のころはビール2~3缶に泡盛の水割りを3杯くらい飲んでいた」

 「酔うとよく眠れるし、楽しい気分になれるから」

 被告人質問で淡々と語った少年。自宅や友人の家だけでなく、母親が働くスナックなどでも飲酒を重ねていた。しかし強く注意する大人はいなかった。

 中学卒業後は職を転々とし、17歳のころからは父親と同居。愛知や大阪で暮らすようになった。

 病院でパニック障害などの診断を受け薬を飲むようになったが、飲酒癖は一向に治らない。証人として出廷した父親はこう述べた。

 「ビールくらいなら、という気持ちがあった。面と向かい『飲むな』ということはありませんでした」

「笑われたと感じた」

 事件についての少年の記憶はあいまいだった。

 事件前日、知人の大人に連れられ現場のスナックで大量飲酒したという少年。「酒を飲みたいという気持ちが抑えられなかった」といい、翌日、再び同店を訪れ、事件を起こした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ