PR

ニュース プレミアム

西日本豪雨の復興願い 中学生が聖火つなぐ

聖火ランナーに選ばれた市立真備中学2年の近藤愛翔さん(左)と寺田芙玖さん=12月24日、岡山県倉敷市
聖火ランナーに選ばれた市立真備中学2年の近藤愛翔さん(左)と寺田芙玖さん=12月24日、岡山県倉敷市
その他の写真を見る(1/3枚)

 2020年東京五輪で岡山県内を走る聖火ランナーに、昨年の西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町地区の市立真備(まきび)中学校の2人が選ばれた。県内では今も5千人が仮設住宅で生活を送っており、2人は「大変な思いをした自分が聖火ランナーとして走ることで、真備を元気づけたい」と意気込む。

助けてくれた恩返し

 12月24日、聖火ランナーに選ばれた2人の記者会見は、プレハブの仮設校舎で行われた。真備中学校は昨年の豪雨で校舎2階まで浸水した。改修工事のため全校生徒約240人は昨年10月から、北東3キロに建設された仮設校舎に通っている。

 2人のうち同校2年の近藤愛翔(まなと)さん(14)は豪雨で自宅マンションが被災した。近藤さんは膝まで水につかりながら高台の団地に避難。来年に元の家に帰宅する予定だが、現在は地元を離れて仮設住宅で暮らす。

 避難生活などで感じたのは地元・真備町の人たちのやさしさだ。「近所の人は通りすがりにあいさつしてくれるし、余った野菜をくれたりする。親切な人が多い」と話す。

 もう1人は同校2年、寺田芙玖(ふく)さん(14)。豪雨により自宅が2階まで水につかったといい、「水がひくと窓ガラスは割れ、庭の土も削られていた」と振り返る。テニス部に所属していて、避難所暮らしではラケットやボールが各地から届いたという。

 今年1月、ようやく復旧した元の家に戻った。聖火ランナーには「助けてくれた人への恩返し」のため応募したという。

最大の被災地

 今回の応募は同校教頭の根馬英伸さん(52)が担任を通じて勧めた。根馬さんは「今回は復興五輪。真備町が『元気に頑張っている』というアピールをしてもらいたいと思っており、良い機会と考えた」と明かす。同校仮設校舎の昇降口には、全国の中学校や、昨年9月に間借りしていた倉敷芸術科学大学(倉敷市)の学生らから寄せられた応援の寄せ書きが飾られている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ