PR

ニュース プレミアム

パラオの研修生ら高校生と交流 ペリリュー島と茨城の深いつながり

生徒の前でパラオを紹介するシェナ・セゲバオさん(左)とケネリー・レケメルさん=水戸市の水戸啓明高
生徒の前でパラオを紹介するシェナ・セゲバオさん(左)とケネリー・レケメルさん=水戸市の水戸啓明高

 日本から南に3000キロ以上も離れた太平洋ミクロネシア地域のパラオ共和国から、茨城県常陸大宮市に研修生として来日中の2人が、県内の高校生らと交流を深めている。常陸大宮市は東京五輪でパラオのホストタウンとなっており、交流は今後もますます進むとみられる。

 高校生と交流したのは、ケネリー・レケメルさん(22)とシェナ・セゲバオさん(23)。2人は水戸市の水戸啓明高(田中睦啓校長)を訪問し、美術や書道の授業を体験した。

 2人は第二次世界大戦の激戦地として知られるパラオのペリリュー島出身。昭和19年、島に上陸してきた米軍と交戦した水戸歩兵第二連隊を中心とする日本の守備隊は1万人以上が戦死し、その中には常陸大宮市の出身者75人も含まれていた。

 戦後、遺族の慰霊訪問をきっかけに常陸大宮市とパラオの交流が生まれ、来年の東京五輪で常陸大宮市はパラオのホストタウンとなり、選手が五輪に出場した場合の事前キャンプ地にも決まっている。2人は選手団のサポートのほか、市民との交流など両国のかけはしとしての役割も務める。

 水戸啓明高でのふれあいは、グローバル・フロンティアコース1年の生徒たちが今年、地域の国際交流をテーマとしたグループ研究で常陸大宮市を訪れたのがきっかけとなり実現した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ