PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】越年「鳥谷」の選択肢は2つ…引退かメジャー、迫られる決断

阪神を退団した鳥谷敬。来季の所属先決定は「越年」することになった(撮影・宮沢宗士郎)
阪神を退団した鳥谷敬。来季の所属先決定は「越年」することになった(撮影・宮沢宗士郎)

 鳥谷は現役引退の重大危機を迎え、そこにある選択肢は2つです。16シーズンを過ごした阪神を退団し、国内の他球団でプレー続行を目指した鳥谷敬内野手(38)の移籍先が2019年の年内には決まりませんでした。ある球界首脳は「もう国内12球団の編成作業は終了している。扉は閉まったのでこの先、国内での移籍先はないだろう」と衝撃発言を漏らしました。となれば、年明けの20年1月中に鳥谷は自身の進路を決断しなければなりません。(1)現役引退(2)米メジャーリーグ挑戦-。目の前にある選択肢は2つなのですが、果たして結論は…。ハッピーニューイヤーに、果たして救世主は出現しますかね。

鳥谷のトリの字も

 日本のプロ野球の球団事務所は26日から27日にかけて仕事納めでした。つまり19年の年内の業務を全て終了したということです。それは同時に移籍先を探す鳥谷の進路決定が越年したという事実を指します。

 一時は同じエージェントと契約しているロッテの井口監督が“救いの手”を差し伸べるからロッテが有力だ…とか、大和がフリーエージェント(FA)移籍したDeNAが獲得し、元虎戦士の二遊間を形成するのでは…とか、球界内ではさまざまな噂話が独り歩きしましたね。しかし、ロッテはFA補強でソフトバンクの福田や楽天の美馬を獲得するなどオフの主役でしたが、鳥谷のトリの字も表面には出てきませんでした。DeNAも動きはなく、海外FAで秋山がメジャーに移籍する西武も鳥谷へのアプローチは皆無でした。阪神を自由契約になった森越を獲得した段階で、西武移籍の可能性は消滅したのかもしれませんね。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ