PR

ニュース プレミアム

栃木・塩谷の母親殺害 20歳無職の容疑者、事件直前に将来について会話

斎藤光希容疑者ら家族が暮らしていた民家。斎藤容疑者はここで母と弟を刺した=栃木県塩谷町玉生
斎藤光希容疑者ら家族が暮らしていた民家。斎藤容疑者はここで母と弟を刺した=栃木県塩谷町玉生

 栃木県塩谷町の民家で12月、無職の斎藤光希容疑者(20)が同居する母親の麻由美さん(45)を殺害し、弟(17)にも大けがを負わせた事件。斎藤容疑者は長年、自宅に引きこもり、麻由美さんは関係機関に相談をしていた。また、事件直前には心配した麻由美さんと弟が斎藤容疑者に将来に関する話をしようとしていたことも判明。事件直前の家族のやり取りを含め、生活の実態が事件を解くカギになりそうだ。(根本和哉)

家庭環境の変化

 事件が起きたのは12月18日午後2時50分ごろ。斎藤容疑者に襲われた弟が隣家に助けを求めたことで発覚した。麻由美さんは頭などを刺された状態で自宅近くの民家の庭で発見され、その後、搬送先の病院で死亡が確認された。

 斎藤容疑者は近所の民家に潜んでいるところを駆け付けた警察官に確保され、殺人未遂容疑で現行犯逮捕。県警は容疑を殺人に切り替えて捜査を続けている。

 捜査関係者などによると、斎藤容疑者は、数年前から自宅に引きこもるようになり、その頃通っていた高校も中退したという。この時期、両親が離婚。斎藤容疑者は母と弟との3人暮らしとなった。

自立を相談

 斎藤容疑者は自室でパソコンに没頭。ゲームをするなどして一日を過ごし、自室から出ることはほとんどなかったという。自宅周辺は住宅街だが、近隣住民は「最近は姿を見なかった」と口をそろえる。

 だが、家族はそんな斎藤容疑者に何もしていないわけではなかった。麻由美さんは息子に自立を促し、引きこもり問題を専門にする関係機関にも相談をしていたとみられる。一方、警察などへの相談はなかったため、捜査関係者は「過去に斎藤容疑者による家庭内暴力はなかったのではないか」とみている。それではなぜ悲惨な事件が起きたのか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ