PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】歌手・エッセイスト、アグネス・チャンさん「戦禍、貧困、人身売買…苦しむ世界の子供たちのために」

ニジェールで現地の家族とふれあうアグネスさん (日本ユニセフ協会提供)
ニジェールで現地の家族とふれあうアグネスさん (日本ユニセフ協会提供)
その他の写真を見る(1/7枚)

 香港生まれの愛らしいアイドルが日本でデビューして約半世紀。近年はユニセフ大使としての活動に力を入れる歌手でエッセイストのアグネス・チャンさん(64)がこの夏、貧困国の一つ、アフリカ西部のニジェールを訪問した。国土の8割が砂漠といい、多くの国民が貧しい暮らしを余儀なくされるなか、身代金目的の誘拐や人身売買、性暴力の犠牲になる子供たちも少なくない。戦禍や貧困に苦しむ国々を毎年訪れ子供たちに寄り添い続けるアグネスさんに、国際社会の“負”の側面を聞いた。(聞き手 編集委員・巽尚之)

■物乞いに砂漠を越える女性たち

 「信じられないでしょう。でもこれが現実なんです」。アグネスさんが語るニジェールの現状は厳しいものだった。生活の足しに“稼ぎ”を得ようと、女性と子供たちは広大なサハラ砂漠を越えて隣国アルジェリアを目指すという。稼ぎとは、実はアルジェリアで物乞いをするのだ。

その他の写真を見る(2/7枚)

 人口の半数が18歳未満というニジェール。そんな子供たちの半数が、満足に義務教育を受けることができないという。成人の識字率は僅か15%。アグネスさんが訪れたザンデール州では、気候変動の影響で農業もままならず、自給自足がやっとという家庭がほとんどだった。

 一方、イスラム社会で男性は4人まで妻を持つことが許され、女性は小学生になると夫を探す“婚活”を始めるという。ただ多くの場合、男性に4つの家庭を養えるだけの資力はない。ところが、ニジェールの女性が生涯に産む子供の人数(出生率)は7・5人と多く、1日2ドル(約210円)以下の生活で、食べていくのがやっとというありさまだ。だから出稼ぎに行かざるを得ないのである。

 「そしてアルジェリア行きには大変な危険が伴うんです」とアグネスさん。ザンデール州で出会った既婚の若い女性は、物乞いのために“運び屋”のトラックに乗って複数の女性たちとともにアルジェリアを目指したが、途中で1人だけ別の車に乗せられた。性暴力を受けるととっさに危険を察知した彼女は、命からがら逃げだしたと話したが、「本当に性暴力を受けなかったかどうかは分からない」という。

アイドル時代のアグネスさん。少女の頃からボランティア活動が大好きだった(本人提供)
アイドル時代のアグネスさん。少女の頃からボランティア活動が大好きだった(本人提供)
その他の写真を見る(3/7枚)

 というのも、現地の文化や伝統の中では、性暴力の犠牲になるだけで未婚者は結婚できなくなったり、既婚者の場合は離婚されたりするためだ。性暴力の被害を受けても母親にも誰にも打ち明けることができず、泣き寝入りするケースがほとんどなのだそうだ。

 「貧困を脱するには地域の権力者たちが協力し合って改革に取り組み、まずは教育水準を高めなければ」

(次ページ)アグネスさんの活動、原点は香港での少女時代…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ