PR

ニュース プレミアム

浦島太郎は“実在”した 95歳で3代目

釣りざおと玉手箱を持つ3代目浦島太郎の山田要さん(三豊市観光交流局提供)
釣りざおと玉手箱を持つ3代目浦島太郎の山田要さん(三豊市観光交流局提供)
その他の写真を見る(1/7枚)

 昔話「浦島太郎」ゆかりの地名が残る香川県三豊(みとよ)市詫間町には昭和、平成、令和と3つの時代にわたり活躍する「浦島太郎」がいる。3代目・浦島太郎の山田要さん(95)。浦島太郎に指名されてから髪とひげを伸ばしており、玉手箱を開けた後の浦島太郎を思わせる風貌は大人気だ。

昭和58年から「浦島太郎」

 11月下旬、三豊市観光交流局の事務所がJR詫間駅近くに移転したのを記念する式典が開かれた。羽織はかま姿の山田さんは乙姫役の女性と出席し、山下昭史市長らとテープカットに臨み、移転を祝った。

 近くの保育所に通う子供たちが「浦島太郎」の歌を披露する姿に目を細める山田さん。その後、子供たちと記念写真に納まった。

 後日、山田さんを訪ねると、スーツ姿で迎えてくれた。背筋はぴんと伸び、白髪は丁寧に束ねられている。ループタイの飾りの鼈甲(べっこう)のカメが、ひときわ存在感を放っていた。

 浦島太郎を引き継いで3代目となったのは昭和58年、旧詫間町(現・三豊市)の病院で看護師をしていた58歳のとき。当時の町長に頼まれたのがきっかけだ。山田さんは「祭りで浦島太郎の仮装をしたのが目にとまったようだ」と振り返る。

釣りざおと玉手箱を持つ3代目浦島太郎の山田要さん(三豊市観光交流局提供)
釣りざおと玉手箱を持つ3代目浦島太郎の山田要さん(三豊市観光交流局提供)
その他の写真を見る(2/7枚)

「生里」「箱」「紫雲出山」

 瀬戸内海に突き出た旧詫間町の荘内半島には、浦島太郎が生まれたとされる「生里(なまり)」、玉手箱を開けた「箱」、玉手箱から立ち上った煙が紫色の雲になってたなびいた「紫雲出山(しうでやま)」といった浦島太郎にまつわる地名がある。このため町は浦島伝説に着目し、人を呼び込もうと観光振興に力を入れた。

 旧詫間町内を歩けば、浦島太郎にまつわる物があちこちにある。竜宮城を模した公衆トイレや街灯、バス停。橋の欄干には、浦島太郎の像が飾られ、マンホールのふたは、カメの背に乗る浦島太郎のデザインだ。JR詫間駅前には、砂浜で子供たちにいじめられていたカメを浦島太郎が助ける場面を再現した像も設置されている。

(次ページ)実は自前の衣装、そして「努力」と「秘訣」が…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ