PR

ニュース プレミアム

2割が完治前に出勤…インフル・ハラスメントの恐るべき実態

 各地で流行中のインフルエンザ。「熱が出た後5日、かつ解熱した後2日」が復帰の目安とされるが、ある調査で、社会人の約20%が完治前に、また約3%が休みを取らずに出勤していた-という衝撃の現状が明らかになった。背景にあったのは、罹患(りかん)しても休みを取らせてくれなかったり、出社したら「みんなが迷惑している」と非難を浴びせたりする人々の存在。「インフルエンザ・ハラスメント」と呼ばれる理不尽な行為で、感染時の出勤強要などは明らかに違法だが、今もなお誤った対応をしている職場は少なくないという。

3%は休まず勤務

 風邪やインフルエンザへの対応などをテーマに調査したのは養命酒製造(東京)。10月、全国の20~59歳の社会人千人を対象に実施し、昨シーズンは12・2%(およそ8人に1人)がインフルエンザに罹患したと回答した。

 調査ではインフルエンザの予防方法のほか、かかったときに言われたいせりふ、看病してほしい芸能人などについても調べたが、中でも注目を集めたのが「罹患と出勤の実態」だ。

 インフルエンザにかかった122人に、感染した際の勤務状況について尋ねたところ、22・1%が「完全に治る前に出勤した」と回答。このうちの3・3%は「休まずに出勤した」と答えていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ