PR

ニュース プレミアム

「坂の上の雲」主人公・秋山兄弟の銅像並び立つ

秋山好古の像(左)と、そばに移築された真之の像=松山市梅津寺町
秋山好古の像(左)と、そばに移築された真之の像=松山市梅津寺町
その他の写真を見る(1/7枚)

 小説「坂の上の雲」の主人公であり、日露戦争で活躍した松山市出身の軍人、秋山好古(よしふる)、真之(さねゆき)兄弟の銅像が瀬戸内海沿岸の松山市梅津寺(ばいしんじ)地区の丘に仲良く並んで建っている。昨年7月の西日本豪雨による土砂崩れで真之像のもとに行けなくなったが、真之像を移設することにより12月から再び、訪れることができるようになった。同市には2人の生家も復元されている。2人の傑物のゆかりの場所に足を運び、近代日本に思いをはせるのもいいかもしれない。

教育者だった好古

 好古は安政6(1859)年、真之は明治元年(1868)年、松山藩士、秋山久敬の三男、五男として生まれた。武家だが暮らしは貧しかった。

 好古は明治8年、大阪師範学校(現大阪教育大学)に入学。翌年、名古屋師範付属小学校の教員になった。10年に陸軍士官学校入学、16年に陸軍大学校1期生となり、20年にはフランスに留学して騎兵を研究。日清戦争は騎兵第1大隊長として活躍し、陸軍乗馬学校長となった。

 37年に始まった日露戦争では、世界で初めて騎兵隊に機関砲を常備し、世界最強といわれたロシアのコサック騎兵を破って世界を驚かせた。その後、大正5年に陸軍大将になると、朝鮮軍司令官、教育総監など陸軍の要職を歴任した。

 退役後は請われて地元に帰り、私立北予中学(現・愛媛県立松山北高校)の校長を務めた。陸軍大将が生まれ故郷とはいえ、地方都市の中学校長になるのはきわめて異例で、入学希望者が殺到したという。

 青年時代に教員を志した好古は、生涯を通して教育に情熱を注ぐ人だった。

 「秋山兄弟生誕地」(松山市)を運営する公益財団法人常盤同郷会によると、好古は生まれ育った家を修理もせず質素な暮らしを続けた。子供たちに「人間は貧乏がええよ。『艱難(かんなん)汝(なんじ)を玉にす』と言うてね、人間は苦労せんとできあがらんのじゃ。苦しみを楽しみとする心がけが大切じゃ」と諭していたという。

見晴山に移築された秋山真之の像
見晴山に移築された秋山真之の像
その他の写真を見る(2/7枚)

 好古は昭和5年11月4日、72歳で死去した。

才気煥発の真之

 一方の真之。兄を追って15歳で上京し、明治19年に海軍兵学校に入学。日清戦争を経てアメリカに留学した。子供のころから才気煥発(かんぱつ)だったが、この留学と欧州出張で合理的思考を磨いた。日露戦争では連合艦隊司令長官だった東郷平八郎の作戦主任参謀を務め、「丁字(ていじ)戦法」を用いてバルチック艦隊を撃滅、日本の危機を救った。

(次ページ)あの有名な「皇国ノ興廃…」そしてバブル期“トレンディドラマ”

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ