PR

ニュース プレミアム

金銭トラブルはあったのか 憶測呼ぶ元農相銃撃事件

銃撃事件のあった玉沢徳一郎氏の自宅=盛岡市
銃撃事件のあった玉沢徳一郎氏の自宅=盛岡市

 元衆院議員で農林水産大臣や防衛庁長官などを務めた玉沢徳一郎氏(81)が盛岡市内の自宅で銃撃され、足にけがを負った事件。逮捕された容疑者は玉沢氏との間に金銭トラブルがあったと供述する一方、玉沢氏からは金銭トラブル関係のコメントは発表されていない。このため、関係者の間では金銭トラブルについて、さまざまな憶測が出ている。

銃撃通報せず

 玉沢氏は昭和44年、47年の衆院選で落選。51年の衆院選で初当選を果たし、通算9期務めた。平成6年に自民、社会、さきがけ3党連立の村山富市内閣で防衛庁長官として初入閣。11年には小渕恵三内閣で農水相を務めた。19年に不正経理問題で自民党を離党。翌年に復党したが21年の衆院選には出馬せず、政界を引退していた。

 銃撃事件が起きたのは12月10日。岩手県警によると、同日午後2時10分ごろ、玉沢氏を撃ったと話す男が盛岡東署に出頭。回転式弾倉に空の薬莢(やっきょう)と実弾1発が入った拳銃を持っていたことから、県警は銃刀法違反の現行犯で、出頭してきた岩手県奥州市の農業、高橋脩(ひさし)容疑者(82)を逮捕した。玉沢氏は撃たれながら、110番通報をしていなかった。

 高橋容疑者が銃撃の動機として供述しているのが「金銭トラブル」。2人をよく知る人からは、「確かに金銭トラブルはあった」との声が上がっている。

2人を知る関係者は…

 「金額がいくらだったかは分からないが、高橋容疑者から支援を受けていたのは確かだったと思う」

 こう話すのは、昭和47年当時に秘書だった男性。さらに、「高橋容疑者は当時、盛岡駅前で不動産会社を経営していて、羽振りも良かった」と語る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ