PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】新人王逃した近本よ、9月の君になれ!!

契約更改した近本光司=兵庫県西宮市の球団事務所(撮影・榎本雅弘)
契約更改した近本光司=兵庫県西宮市の球団事務所(撮影・榎本雅弘)

 近本よ、“9月の君”を貫けば1億円は向こうからやってきます。ルーキーイヤーの今季、セ・リーグ新人最多安打159本を記録し、36盗塁で盗塁王にも輝いた阪神・近本光司外野手(25)は初めての契約更改で、新人野手では史上最高の昇給額となる3千万円アップの年俸4500万円で更改しました(金額はいずれも推定)。新人王は惜しくも39票差でヤクルト・村上宗隆内野手(19)に及びませんでしたが、新人特別賞も受賞。来季はより一層の飛躍が期待されます。では、2年目のジンクスをはね返し、来オフの契約更改で1億円に迫ることを可能にする鍵は何か。それが9月の君…です。

おかずも2品ほど増え

 新人野手としては史上最高の昇給額3千万円アップ。何かと世知辛い年の瀬に近本の笑顔は世の中に明るい光を差し込んでくれるかのようでした。年俸4500万円なり!! 昨年3月に結婚した未夢(みゆ)夫人も、今年の7月に誕生した長女もさぞかし一緒に喜んだことでしょう(まだ生後5カ月の娘さんは分かるわけないか…)。

 たぶん、夕食のおかずは2品ほど増えて、スーツも新調し、車も買い替える? 人の懐をこれ以上詮索してもこっちは惨めになるだけですから、もうやめておきましょう。本題に入る前に少しだけ恨み節も書いときましょうか。実は小生、連盟表彰などの投票権をほとんど持っています。最優秀選手賞(MVP)を始め新人王、ベストナインにゴールデングラブ賞。まず両リーグのMVPは巨人・坂本勇人と西武・森友哉を入れました。これは順当に受賞…。そして新人王なのですが、セ・リーグの欄に記入したのはもちろん「近本光司」です。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ