PR

ニュース プレミアム

「時代の見出し」示す創作漢字10年の軌跡

 一から漢字を作り出す「創作漢字コンテスト」(産経新聞社、立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所主催)が今年、10周年の節目を迎えた。23日には、最優秀賞作品を含めた第10回の結果が本紙紙面などで発表される予定。「『漢字』としてのクオリティーが、年を重ねるごとに進化してきた」。開始当初から審査委員を務める作詞家の秋元康さん(61)は、10年の変化をこう振り返る。

(文化部 本間英士)

 100年先残るよう

 同賞が始まったのは平成22年。『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を著し、18年に死去した文化勲章受章者、白川静さんの生誕100年を記念して創設された。審査委員長は大阪大学名誉教授の加地伸行さん。「100年後まで残る漢字を作ってみませんか」が賞のテーマだ。

 第1回最優秀賞は「知」と「自」を組み合わせた。自律の精神が薄れゆく現代社会に警鐘を鳴らすかのような、凜(りん)とした字のたたずまいが評価された。秋元さんは「知を自分でわきまえる。素晴らしい作品でした」と振り返る。

 第2回が行われた23年には東日本大震災が発生。震災に関連した創作漢字が多く寄せられた。第5回最優秀賞は「発想力がすごい」と驚かされ、第9回最優秀賞には、「自分と他人を比べがちな現代の“鏡”のような作品」と感心したという。

 「この10年の創作漢字を振り返ると、時代の見出し(インデックス)になっています。それは、僕が日ごろ作っている流行歌と同じ。『歌は世につれ、世は歌につれ』というように、流行歌を聞くとその時代の情景が思い浮かびますが、創作漢字を見ても世相の流れが分かると思います」

年々レベル向上

 同賞の応募総数は年を重ねるごとに増加。転機となったのは第7回だ。この年は、最優秀賞に(1)いわゆる正統派の作品(2)デザイン的・視覚的面白さを追求した作品-の2種類が選ばれた。

 「第8回でいうと、にすいに舞は漢字として美しく、もう一つはティッシュの紙がピッと箱から出ている様子が思わず笑っちゃう面白さ。全体的なレベルが大きく上がりました」

 漢字はもともと4千年前の中国で、事物を写すことを中心に作り始められた。その後、日本でも「人」と「動」を組み合わせた「働」など、多くの漢字(国字)が創案された。今の豊かな漢字文化は、日中両国の先人による創作の賜物(たまもの)であり、創作漢字の魅力は「過去にどういうふうに漢字が成立したのかを、実際に作ることで身をもって体感できる」点にあるという。

 「英語を学ぶうえでラテン語も学んでいると、語源などがより理解しやすい。漢字も同じです。みんながスマートフォンやパソコンを使い、手書きをする機会が減った今、こういうふうに漢字について考える機会はとても重要だと思います」

 第10回は、あおり運転や海洋汚染など、時代の負の側面を象徴するような作品が寄せられた一方で、遊び心たっぷりの作品や、社会に対するメッセージが込められた作品も集まったという。

 「できるだけ明るく、面白い作品が(審査で)出るとうれしいです。それはそのまま、良い時代になってほしいというわれわれ審査委員の願いでもありますから。創作漢字には『漢字の面白さ』が詰まっています。もっと広がっていってほしいな、と思いますね」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ