PR

ニュース プレミアム

【志らくに読ませたい らく兵の浮世日記】『カツベン!』成田凌さんの活弁は古典芸能の声だった

らく兵
らく兵

 『カツベン!』という映画を見に行った。周防正行監督の作品だ。 

 映画が生まれたころ、映画に音はなかった。その無声映画が日本に渡ってきた明治や大正の時代、映画は「活動写真」と呼ばれていた。海の向こうから来た動く写真を日本人が十分に楽しめるよう、スクリーンの横でせりふを語り、説明を加える人たちが出てきた。これを活動弁士と呼ぶようになった。『カツベン!』はその時代に一世を風靡(ふうび)した活動弁士の活躍を描いた作品だ。

 日本人の映画に対する情熱を描いた作品だけに、笑いあり、涙あり、恋あり、冒険活劇あり、映画の面白さをこれでもかと教えてくれる、映画の王道のような映画だった。

 映画の冒頭、呼び込みの声が聞こえてくる。日本の古典芸能の声だ。落語、講談、浪曲、歌舞伎、いろんな芸能を学んで吸収してきた声。しばらくして映し出された声の主は、活動弁士の片岡一郎さんだった。片岡さんは、師匠の立川志らくの劇団、下町ダニーローズにも出演したことのある弁士さんだ。

 日本のあらゆる古典芸能を下地にして、サイレント映画にせりふを乗せて語る活動弁士。だから洋画も邦画もとにかく日本人の心に響く。活動弁士が古典芸能の発声なのは当たり前なのでした。

 その活動弁士を描く映画だけあって、弁士役の役者には、片岡さんや坂本頼光さんという本物の弁士が指導をしたそうだ。

 主演の成田凌(りょう)さんはじめ、活動弁士役の人たちが活弁を披露する。特に主役の成田さんの声には驚いた。活弁に入ると、古典芸能の声になるのだ。いったいどれだけのトレーニングを積んだことか。教える人と教わる人。映画への愛。語ることへの情熱。いろいろと感じて胸が熱くなった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ