PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】黄金世代を生んだ“勝利への改革” 日本女子プロゴルフ協会会長、小林浩美さん

小林浩美会長。全英オープンから帰国した渋野日向子(右)とVサインでツーショット(早坂洋祐撮影
小林浩美会長。全英オープンから帰国した渋野日向子(右)とVサインでツーショット(早坂洋祐撮影
その他の写真を見る(1/5枚)

 今や男子の3倍以上のギャラリーを動員する女子プロゴルフ界。今年8月に全英女子オープンを制した渋野日向子(ひなこ)や畑岡奈紗(なさ)を両輪に、勝みなみや原英莉花(えりか)、河本結(ゆい)、小祝さくら-と“黄金世代”(平成10=1998=年度生まれ)が一気に花咲いた。プロ入り数年目の彼女たちが、なぜ勝てるのか。平成23(2011)年に会長に就任して以来、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の「勝利への改革」を推し進める小林浩美会長(56)に聞いた。(聞き手 編集委員・田所龍一)

■世界で勝つ選手を作るツアー強化

 なぜ、黄金世代が強いのか-。小林会長は「ツアー強化」の成果が最大の要因だという。平成25年から開始した大がかりな組織改革。大目標は「世界で勝てる選手を作る」こと。そのためには今までの「ツアー」をさらに変える必要があったという。「日本選手が海外ツアーでなかなか勝てなかったのは、日本でやっているツアー環境とまったく違うところが多いからなんです。たとえば…」

 日本の女子ゴルフは3日間競技が主流。だが、欧米ではほとんどの大会が4日間競技。「たった1日増えるだけで、体力の消耗もまったく違う。それに3日間競技は日本では全員が午前中にスタートしますが、4日間競技は午前と午後に分かれています。海外に出た日本選手はまず試合のリズムの変化に戸惑ってしまう。生活では言葉や食事の違い、難しいコースセッティング。慣れるのに時間がかかる」。13年間、アメリカツアーに挑んだ小林が初勝利を挙げたのは渡米4年目。宮里藍も同様。岡本綾子でも勝つのに2年を要した。「だからそのギャップを詰めていければ…と思ったんです」

 小林はまず下部ツアー(ステップアップツアー)の強化から始めた。今までの5試合から20試合に増やし「2日間競技、ギャラリーなし、テレビ放映なし」を「3日間、ギャラリーあり、テレビの生中継、世界ランキングポイント加算」と上部と同じ環境に変えた。それは若い選手に緊張感と競争力が芽生え、選手の育成と強化を加速させた。

 そして次はレギュラーツアーの強化。年間5試合しかなかった「4日間競技」を14試合に増やした。4日間競技になって選手たちは“体力強化”の必要性に気づく。スタミナと筋力が強化されるとショットの威力が増し集中力や心の粘りもでる。さらに協会はゴルフ場にお願いし、多様な「コースセッティング」に変更した。従来のセッティングから芝の成長やグリーンの速さ、硬さなどを組み合わせ、パーを取るのも難しいコースやバーディーを狙っていかなければいけないコースなど、いろいろなバリエーションをつけた。それは「海外のどんなコースにでも対応できる技術がつくように」という思いからだ。

小林浩美会長の平成2(1990)年頃のドライバーショット。ヘッドはパーシモン(柿の木)だ
小林浩美会長の平成2(1990)年頃のドライバーショット。ヘッドはパーシモン(柿の木)だ
その他の写真を見る(2/5枚)

 “黄金世代”は中学や高校時代からプロに交じってトーナメントでもまれ、ネットを通じて世界のゴルフに触れ「どうすれは自分たちはプロの世界で勝てるのか」を考えてきた世代。だからこそ「海外と同じ環境に近づければ、きっと彼女たちは勝てる」と小林会長は信じていたのである。

(次ページ)“黄金世代”の未来のため改革…が、反発どっと

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ