PR

ニュース プレミアム

世界の“こんまり” 今度は絵本で片付けの魅力紹介

絵本「キキとジャックス」を刊行した片づけコンサルタントの近藤麻理恵さん。トークショーで片づけの極意を語った(伊藤洋一)
絵本「キキとジャックス」を刊行した片づけコンサルタントの近藤麻理恵さん。トークショーで片づけの極意を語った(伊藤洋一)

 “こんまり”の愛称で人気の片づけコンサルタント、近藤麻理恵さん(35)が初めて手がけた絵本『キキとジャックス なかよしがずっとつづくかたづけのまほう』(文響社)を刊行した。絵本分野で受賞歴が豊富な作家サリナ・ユーンさんとの共著で、「多くの親子が片づけを楽しみながら、ときめく暮らしができるようになってもらえれば」と思いを語る。

わが子のために

 近藤さんは「一度片づけたら、二度と散らからない」をうたい、2010年に出した実用書『人生がときめく片づけの魔法』が世界40カ国で翻訳され、累計1千万部突破のベストセラーになっている。米TIME誌が15年に発表した「世界で最も影響力のある100人」に、作家の村上春樹氏とともに選出された。海外からの仕事依頼が増えたこともあり、16年に活動拠点を米カリフォルニア州に移した。12月3日に東京都内であった出版記念トークショーには、久々の日本お目見えとあって主婦を中心とした約60人の“こんまり”ファンが駆けつけた。

 これまで片づけ術に関する実用書を何冊も出版しているが、初の絵本の内容も、やはり片づけだ。

 「4歳と3歳の娘に片づけをどう教えていくかを考えていたとき、本好きの2人は、読んだ本の内容をまねして遊ぶことに気づいた。それで“片づけを教える絵本を作ったらいいんだ”と、思いつきました」

構想2年

 キキ(リス)とジャックス(フクロウ)は大親友だが、性格は正反対。モノを集めるのが好きなキキに対し、ジャックスは片づけ好き。一緒に遊ぼうとするが、多くのモノが邪魔をして…というストーリーを、「構想から2年くらいかけてまとめた」。それをユーンさんが絵と文で表現した。英文でも各国で発売されており、日本語版も同時刊行された。

 自らのリクエストで、絵本の中には娘が使うバッグやぬいぐるみなどを描いてもらった。娘に読み聞かせるたびに、「見て見て~」と興奮しているという。

 「(娘たちは)洋服をたたむのが上手なんです。どこで覚えたんだろうと思うくらい、すーっとした手付きでたたんでいる」と明かす。5歳のときから主婦雑誌を愛読してきた自身の片づけ遺伝子が、娘に受け継がれていることを喜ぶ。

処分するものに感謝

 今年1月には、動画配信サービスのネットフリックスで、世界の家庭を訪問し片づけていくリアリティー番組が始まった。文響社の担当編集者は「日本にいるこんまりさんファンが想像している以上に、影響力は大きい。もしかしたら(想像の)10倍以上かも」と話すほど。

 「広い家に住むアメリカの人は片づけに困らないのでは…と思うかもしれないが、モノがたまっていくのは日本と同じ。全部1カ所に集め“ときめく・ときめかない”で仕分ける。処分すると決めたものには、一つ一つに“ありがとう”の思いを込めて捨てることが、日本以外の人たちにも共感してもらえたのでは」と、近藤さんは片づけメソッドが広がっている手応えを感じている。

 家庭や職場で、大掃除が本格化する年末。

 「片づけって面倒くさいとか、つまらないものと思っている方に、ぜひ読んでいただきたい。片づけは楽しいもの。お子さんがいる方は、一緒に片づけを楽しんでほしい」と呼びかける。絵本を読んだら、すぐ実行を。掃除した気になった…だけでは、いつまでたってもキレイになりません。(文化部 伊藤洋一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ