PR

ニュース プレミアム

夢かなう福袋 気になる中身は?

阪急うめだ本店は花園ラグビー場でウェディングフォトが撮影できる福袋を販売している(提供写真)
阪急うめだ本店は花園ラグビー場でウェディングフォトが撮影できる福袋を販売している(提供写真)
その他の写真を見る(1/3枚)

 新年を彩る福袋で、各百貨店が体験型の商品やサービスの拡充を進めている。今年1年の話題を反映した「ラグビーワールドカップ(W杯)」や「令和」「世界文化遺産登録」などをテーマにしたユニークな福袋も登場。近年、盛り上がりを見せる体験型の商品やサービスを楽しむ「コト消費」を意識したラインアップで、特別な思い出づくりを演出する。(山本考志)

今年の話題を反映

 阪急うめだ本店(大阪市北区)は、今秋に日本で開催されたラグビーW杯にちなんだ福袋をそろえる。

 各国が熱戦を繰り広げた花園ラグビー場(大阪府東大阪市)のグラウンドで、ウエディング姿での記念撮影ができるプラン(20万2千円、1組限定)を来年1月7日までインターネット上で抽選販売。W杯のために設けられた特別室でラグビーのトップリーグの試合を観戦しながら食事を楽しむプラン(1万円、親子30組60人限定)の応募も受け付けている。

 一方、高島屋各店は新元号「令和」の字を手掛けた書家、茂住青邨(もずみ・せいそん)氏に揮毫(きごう)してもらえるプラン(2020円、5人限定)を来年1月2、3日に抽選販売。購入者が希望した字(1~2字)を作品にし、額に入れて届けてもらえる。

 近鉄百貨店各店は、7月に大阪府内で初めて世界文化遺産登録された百舌鳥・古市古墳群を上空から見学できるヘリツアー(2万200円、2組4人限定)を、12月26日から来年1月3日まで受け付ける。

ブームや社会情勢意識

 これらの今年の話題を反映したもの以外にも、近年のブームや社会情勢を意識した体験型福袋が相次いで企画されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ