PR

ニュース プレミアム

家康監視に足利氏を利用か 小田原落城後に出した秀吉の書状発見

小田原征伐の後、豊臣秀吉から関東足利氏の末裔に送られた書状=横浜市中区
小田原征伐の後、豊臣秀吉から関東足利氏の末裔に送られた書状=横浜市中区
その他の写真を見る(1/3枚)

 安土桃山時代末期の天正18(1590)年、豊臣秀吉が関東の有力戦国大名・北条氏を滅ぼしたいわゆる「小田原征伐」の直後、秀吉が室町幕府将軍家の分家に当たる「関東足利氏」に送った書状が見つかった。北条氏亡き後、秀吉は東海地方で勢力を誇っていた徳川家康を関東に移封させたが、一方で分断状態にあった関東足利氏の統合に動いていた。室町幕府はすでになくなっていたが、家康を牽制(けんせい)するため「かつての権威」である足利氏を利用しようという意図があったことを示す、貴重な証拠といえそうだ。(橋本昌宗)

かつての名家が“没落”

 書状を展示している神奈川県立歴史博物館(横浜市中区)によると、書状は「豊臣秀吉朱印状(しゅいんじょう)」と呼ばれるもの。日付は天正18年7月17日で、秀吉から関東足利氏の末裔、足利頼淳(よりあつ、頼純=よりずみ=とも)に送られたものとされる。これまで書状の存在自体は知られていたが、現物の行方は分かっていなかった。古物商のもとに書状が保管されていることが判明、今年の夏に同博物館が買い取ったという。

 関東足利氏は、室町幕府を開いた足利尊氏に続く2代将軍・義詮(よしあきら)の弟、基氏(もとうじ)が関東武士の抑えとして鎌倉に派遣され、「鎌倉公方(くぼう)」と呼ばれたことに始まる。その後、関東足利氏は戦乱により鎌倉を追われ、この混乱に乗じて伊豆から関東に侵入、勢力を伸ばしたのが北条氏だった。

 関東足利氏はその後、「古河(こが)公方」や「小弓(おゆみ)公方」などに分裂し、抗争を繰り返した。小田原征伐の頃には古河公方側は当主不在の状態。小弓公方側の足利頼淳は、房総半島を拠点に北条氏と戦っていた里見氏のもとに身を寄せていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ