PR

ニュース プレミアム

91歳のインフルエンサー「自撮りおばあちゃん」の世界

 平成29年末に東京で個展「遊ぼかね」を開催した際には世界17カ国から取材が殺到し、約1万6千人が来場。一気に世界的に知られる存在になった。現在ではインスタグラムのフォロワー数が20万人以上になり、経済紙「ForbesJAPAN」が今年選んだ日本のトップインフルエンサー50人にもランクインした。

 「もう腰が悪いので…」という西本さん。自宅内で作品製作に没頭しており、「写真は楽しい。教えてくれた息子には感謝しています」と笑顔を見せる。息子の和民さんは「母は第3の人生を歩んでいる。母にとってカメラは武器であり、遊び道具なんです」と目を細め、「年齢に関係なく誰にでもなれることを母は示してくれていると思います」と話す。

西本さんが分身してカーリングに挑戦(c)KimikoNishimoto
西本さんが分身してカーリングに挑戦(c)KimikoNishimoto
その他の写真を見る(4/6枚)

 84歳のときに死去した夫からプレゼントされたカメラは「肌身離さず持っています」という西本さん。「もう写真がないと生きていけない」といい、これからも楽しい作品を生み出してくれそうだ。

 「西本喜美子写真展-驚異の91歳フォトグラファー・おばあちゃんが撮る」は12月22日まで。月曜休館。午前10時~午後6時。入場料は一般600円、65歳以上300円、高校生以下無料。問い合わせは、はつかいち美術ギャラリー(0829・20・0222)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ