PR

ニュース プレミアム

【安倍政権考】政権の裏方から表舞台へ 北村局長の素顔

 実際、新聞各紙の首相動静欄には面会者や同席者として数多く北村氏の名前が登場しており、遊説先や夏期休暇中に滞在する山梨県内の別荘でも、北村氏の姿が確認されている。

■ ■ ■

 ただ、首相の信頼が厚い北村氏でさえ、今回のNSS局長就任には異論が上がった。このポストは元外務次官の谷内正太郎氏が前任者だったため、外務省内で「警察庁出身の北村氏にNSS局長のポストを奪われた」との不満がくすぶったためだ。

 一方、北村氏に近い別の政府関係者は「北村氏は採用された役所こそ警察庁だが、今や政府の人間だ。警察よりも国のことを考えている」と擁護する。

 安倍首相の自民党総裁としての任期は2年を切った。しかし、北朝鮮による日本人拉致問題やロシアとの平和条約締結交渉など、残された外交問題は山積みだ。

 また、韓国とは日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄という事態こそ避けられたものの、日韓がこじれる根本原因となったいわゆる徴用工訴訟では、韓国側が国際法違反の状態を是正しない状態を続けている。首相が任期中にこれらを解決し、目標に掲げてきた「戦後外交の総決算」を成し遂げられるのか。北村氏に課せられている役割は小さくない。(政治部 永原慎吾)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ