PR

ニュース プレミアム

ヒグマより身近でもキャラ化されない理由は 「エゾシカ」展で知る害獣の実像

北海道博物館の企画展で展示されているエゾシカの剥製。本州以南のシカより体が大きい=札幌市(寺田理恵撮影)
北海道博物館の企画展で展示されているエゾシカの剥製。本州以南のシカより体が大きい=札幌市(寺田理恵撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 ニホンジカが全国的に急増し、農作物の食害や水源林の荒廃、列車との衝突が各地で深刻化した。しかし、頭数を減らすための駆除には「命を奪う」との批判もある。こうした野生動物と人間との関係を考える機会にしようと、北海道に生息するニホンジカに焦点を当てた企画展「エゾシカ」が、札幌市の道立北海道博物館で開かれている。シカをめぐる歴史からジビエ(野生鳥獣肉)料理まで、多角的な視点で害獣の実像に迫る。(寺田理恵)

身近な野生動物

 ニホンジカは、地域によってホンシュウジカやキュウシュウジカなどの亜種に分けられている。エゾシカも亜種(種の下の区分)の一つ。体が大きく、雄は体重130キロにもなる日本最大の草食獣だ。

 畑の大豆や牧草を食べたり、樹皮を食べて森を枯れさせたりといった農林業被害は年約40億円に上る。近年は年10万頭以上が捕獲され、一部はジビエとして出回るようになった。

 また、しばしば列車と衝突して遅延させ、市街地にも出没するが、ほとんどニュースにならないほど身近な野生動物となっている。

 だが、同博物館学芸主幹の水島未記さんは「ヒグマがマスコットキャラクターや木彫に使われるのに比べ、エゾシカはあまりキャラクターにされない」と指摘する。明治時代の初めに絶滅寸前まで減少しており、かつては身近にいなかったためとみられるという。

生息域は道東から西へ

 明治政府が設置した官庁「開拓使」は、エゾシカを産物として重視し、なめし革や肉の缶詰などが製造された。開拓使は欧米にならって猟期を定めるなどの対策もとっていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ