PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】凜として涼やかに 深遠なる世界を極めて 能楽観世流シテ方・大槻文蔵さん(77)

能の大曲「道成寺」を勤める大槻文蔵さん。観世寿夫さん(右端)が鐘後見を勤めてくれた =大阪市中央区の大槻能楽堂(本人提供)
能の大曲「道成寺」を勤める大槻文蔵さん。観世寿夫さん(右端)が鐘後見を勤めてくれた =大阪市中央区の大槻能楽堂(本人提供)
その他の写真を見る(1/6枚)

 「能は難解」。見たことがないのに、先入観でそう思い込んでいる人はまだまだ多い。でも、一度、大槻文蔵さんの舞台を見てほしい。謡の言葉が全部わからなくても、序之舞(じょのまい)の意味するところが理解できなくても、その美しくも深い芸の力で、あなたの魂に訴えかけるものがきっとあるはずだ。長く大阪の能楽界を牽引(けんいん)、近年は人間国宝、文化功労者にもなり、現代の能楽界を代表するシテ方として、ますます円熟の舞台を見せる文蔵さんに、能の深遠な魅力をたっぷり案内してもらった。いざ、果てしのない能の世界へ-。(聞き手 編集委員・亀岡典子)

■語りすぎないからこそ、深い

 しんと冷えたような表情の女の能面。だが、その美しさの内にあるのは、青い炎のような愛の妄執ではなかっただろうか。

 ♪定家(ていか)の執心、葛(かずら)となって御墓に這(は)いまとい、互いの苦しみ、離れやらず…

 文蔵さんが特に好きな能のひとつにあげる「定家」。平安時代の歌人、藤原定家が恋に落ちた相手は身分違いの式子(しょくし)内親王。秘密の恋だったが、やがて内親王は亡くなり、定家の執心は死後も葛となって内親王の墓に這いまとう。文蔵さんは、死してもなお残る恋人たちの深い愛の地獄を、清らかに描いてみせた。「愛において喜びと苦しみは一体、ということでしょうね」と文蔵さんは静かに語る。

「若い頃は、歌舞伎、文楽、バレエなどいろんな舞台を見に行きました。客席でお客さんと一緒に見ることはとても勉強になりました」と話す大槻文蔵さん =大阪市中央区の大槻能楽堂(沢野貴信撮影)
「若い頃は、歌舞伎、文楽、バレエなどいろんな舞台を見に行きました。客席でお客さんと一緒に見ることはとても勉強になりました」と話す大槻文蔵さん =大阪市中央区の大槻能楽堂(沢野貴信撮影)
その他の写真を見る(2/6枚)

 文蔵さんの舞台はいつも、決してすべてを語り過ぎない。華やかながらも抑制された所作、気品高い舞は、見る人の想像力や感情を呼び覚まし、深いところに連れていってくれる力がある。「それが能という芸能の特色なんです。語り過ぎないからこそ深い。ただ、『定家』のように複雑なテーマの場合、演じる方にも、見てくださる方にも、人生経験というのが必要なのかもしれませんね」

 現代能楽界を代表するシテ方のひとり。古典はもちろんだが、新作能、復曲能にも若いころから積極的に取り組み、能の可能性を広げてきた。大槻能楽堂(大阪市中央区)の当主でもあり、自身でテーマを決めた自主公演を定期的に行い、能の普及振興にも努めてきた。そんな多彩な功績が認められ、平成28年、人間国宝に。現在、シテ方の人間国宝は4人だけだが、大阪のシテ方では初の認定であった。

 自主公演では、哲学者の梅原猛さんをはじめ、作家や歌人など文化人に講演を依頼し、それもひとつの魅力となっている。「先生方にお願いしているのは、能や演目そのものの解説をしていただきたいということではないのです。たとえば平家の武将が主人公なら、その歴史的背景や人物像などをお話ししていただいて、能の世界に入っていきやすくしてもらいたいのです」

能の最奥の曲のひとつ、「関寺小町」を勤める大槻文蔵さん =平成19年11月、大阪市中央区の大槻能楽堂(本人提供)
能の最奥の曲のひとつ、「関寺小町」を勤める大槻文蔵さん =平成19年11月、大阪市中央区の大槻能楽堂(本人提供)
その他の写真を見る(3/6枚)

 いまでは自主公演の目玉として、解説を楽しみに足を運ぶファンも増えた。「能は絵画に似ていますね」という。自身、絵を見るのが大好きだと顔をほころばせる。「ゴッホやピカソが特に好きかな。想像の余地があり、画家が描いた絵の奥に、もうひとつ深い世界がある。そこが、能と似ていると思うんですよ」。650年という能の歴史をまとい、現代にその美を体現する。

(次ページ)運命の出会い…そして

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ