PR

ニュース プレミアム

【エンタメよもやま話】差別と戦いスターに 米ハリウッドで大活躍を始めた東アジアの男優たち

香港のアクションスター、ジャッキー・チェンも米ハリウッドではステレオタイプな役柄しか与えられなかった…
香港のアクションスター、ジャッキー・チェンも米ハリウッドではステレオタイプな役柄しか与えられなかった…

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、エンタメの王道、米ハリウッドに関するお話です。

 産経ニュース2014年1月11日付の本コラム<黒人初のアカデミー監督賞? 会員8割が「白人」「男」…黒人女性会長のもと人種の多様化を模索

https://www.sankei.com/west/news/140111/wst1401110085-n1.html

などで何度もご紹介したように、米ハリウッドでは昨今、映画やドラマでの役柄におけるスターの人種の扱いや配慮に至るまで、人種問題に関してはとにかく厳しいわけですが、それでも白人以外が主役を張ることは、やはり簡単なことではありません。

 しかし、そんな米ハリウッドがいよいよ、本当に変わりつつあるのではないかという動きが最近、出始めています。

    ◇   ◇

■想像以上に地位の低かった東アジア男性たち、あの超人気ドラマ女優と…

 出演者の人種の多様化が叫ばれるハリウッドでは、いまや黒人やヒスパニック系が重要な役柄を演じる機会がぐんぐん増えており、昨年には、黒人監督による黒人が主人公のSF娯楽大作で、出演者から制作スタッフに至るまで、大半が黒人という初の米映画「ブラックパンサー」(監督・脚本=ライアン・クーグラー)も大いに話題を集めました。

 そんななか、ずっとマイナーな扱いを受け続けているのが日中韓といった東アジア系の俳優たちなのですが、いよいよ、状況が変わりつつあるのです。

 11月10日付の英紙ガーディアン(電子版)などが報じているのですが、中国系カナダ人のシム・リウ(30)や、両親がマレーシア人と英国人というヘンリー・ゴールディング(32)、韓国系米国人のランドール・パーク(45)といった東アジア系の男優が、米ハリウッドで最近、次々と重要な役柄を獲得しているのです。

 ガーディアン紙は、2016年公開の米の青春コメディ映画「スウィート17モンスター」(ケリー・フレモン・クレイグ監督)を例に挙げ、この作品では、高校2年生のネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)が、香港系カナダ人の男優ヘイデン・セットー(34)演じるクラスメートのアーウィンとすれ違いながらも互いに相思相愛の関係になりますが、アーウィンを東アジア系の俳優が演じているとあって、熱烈なキスといった恋愛成就(じょうじゅ)の描写はなく、思わせぶりなエンディングで幕を閉じたことで「だまされたように感じた」などと述懐。しかし、あれから約3年経った今、米ハリウッドの東アジアの俳優たちを取り巻く風景は完全に変わったと明言し、「今では、彼らは意中の女性をモノにすることもできるし、キスすることも許されている」などと解説します。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ