PR

ニュース プレミアム

【通崎好みつれづれ】「感じるまま」の名演

「さきらジュニアオーケストラ」を指導する藤井允人さん=滋賀県栗東市
「さきらジュニアオーケストラ」を指導する藤井允人さん=滋賀県栗東市
その他の写真を見る(1/4枚)

 先週末の日曜日、栗東芸術文化会館さきら(滋賀県栗東市)で開催された「さきらジュニアオーケストラ第10回定期演奏会」で、ベートーヴェン『交響曲第9番』を聴いた。秋山和慶(かずよし)氏指揮の下、卒団生を含む小学生から高校生までの団員が、邪念のない引き締まったサウンドを響かせた。

 さきらジュニアオーケストラ・アカデミー校長として指導にあたるのは、元大阪フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター、藤井允人(まさと)さん(77)。

 藤井さんと親しくおつきあいするようになり、30年がたつ。きっかけは、こうだ。私は京都芸大で音楽基礎の一つ「対位法」を、昨夏鬼籍に入られた藤井さんの奥さま、作曲家・藤井園子さんのクラスで学んだ。成績が悪ければ容赦なく単位を与えない、厳しいことで有名な園子先生への「対策」として、私は常に愉快な態度でクラスを盛り上げた。そして、提出する対位法の課題は、創意あふれるものであるよう心がけた。

 そんな様子は、藤井家の食卓で大いに話題になったらしい。そのうち藤井さんとは、お酒を飲みながら、ハイドンの知的諧謔(かいぎゃく)を表現する難しさと悦びについて語り合える、数少ない音楽仲間となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ