PR

ニュース プレミアム

冬の味覚ズワイガニは「セイコ」「ミズ」が通の味

塩ゆでされたセイコガニ =福井市
塩ゆでされたセイコガニ =福井市
その他の写真を見る(1/2枚)

 冬の味覚、ズワイガニ。福井県で水揚げされる雄は「越前ガニ」というブランド名で知られるが、福井では「セイコ」と「ミズ」と呼ばれる、地元以外はあまり出回らないカニがある。しかも、もしかすると将来的にはなかなか味わうことができない希少なカニになるかもしれないというのだ。

卵が魅力「セイコ」、食べやすい「ミズ」

 越前ガニは鮮度の良さが最大の売り。漁場が福井県沖の日本海域と近い位置にあるため、漁獲から短い時間で水揚げできるためだ。地元では、ゆでた重さが1・3キロ以上、甲羅の幅が14・5センチ以上など厳しい条件を満たしたものを最上級ブランド「極(きわみ)」と認定するなど、ブランドイメージの洗練化を図ってきた。

 ズワイガニの中でも地元でないと味わえないのが「セイコ」と「ミズ」だ。

 「セイコ」はセイコガニで、ズワイガニの雌。甲羅の幅が7センチほどで、10センチ超の越前ガニと比べてひと回り小さいが、プチプチとした歯応えの外子(そとこ)、濃厚な味の内子(うちこ)という卵を持つのが特徴。一方、「ミズ」は脱皮したての若い雄「ミズガニ」を指す。「ズボガニ」の名でも親しまれ、殻が軟らかく身が外れやすいので食べやすいという。

 越前ガニの販売価格は1万円を超えて、高級なものだと20万円前後まで跳ね上がる。だが、セイコガニもミズガニも、ほとんど県内でしか消費されないため価格もリーズナブルという。

 1杯千~2千円が相場で、食べ方はゆでたり、みそ汁の具材にしたり。セイコガニは飲食店で丼を注文するとカニの分量によって3千~5千円で味わうことができ、越前ガニなら数万円となるフルコースはミズガニなら1万円程度で堪能できる。

 県内トップの水揚げを誇る越前町の町観光連盟担当者は「セイコガニ、ミズガニを含め、本場へ訪れてカニを食べてほしい」と話す。

脱皮したての若いズワイガニの雄「ミズガニ」(福井県水産課提供)
脱皮したての若いズワイガニの雄「ミズガニ」(福井県水産課提供)
その他の写真を見る(2/2枚)

資源保護も重視

 ただ、セイコガニやミズガニは水揚げの時期が限定的。そもそもズワイガニ漁の期間は11月6日から翌年3月20日までに限られるが、セイコガニはさらに漁期が絞られて12月末まで。ミズガニの漁期はその後になる。理由は資源の保護。セイコガニは産卵をする雌であるし、ミズガニも若い個体だからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ