PR

ニュース プレミアム

「エミシの土器」が東京・多摩で出土 強制移住示す根拠か 坂上田村麻呂、アテルイら活躍の時代

帝京大八王子キャンパスから出土した土器は、平安時代のエミシが使った土器の特徴を備えている=東京都八王子市(橋本昌宗撮影)
帝京大八王子キャンパスから出土した土器は、平安時代のエミシが使った土器の特徴を備えている=東京都八王子市(橋本昌宗撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 帝京大学八王子キャンパス(東京都八王子市)の敷地内から出土した9世紀前半につくられたとみられる土器が、東北地方にかつて住んでいた「蝦夷(えみし、エミシ)」の特徴を備えたものであることが、同大学などの分析で分かった。当時は、東北支配を強める朝廷と反発するエミシとの戦いが続いていた時期。捕虜となったエミシの一部は全国に移住させられたといわれているが、関連を示す遺物が発見されるのは異例で、今も謎が多いエミシの実態を知る貴重な資料となりそうだ。(橋本昌宗)

 発見された土器は「赤彩球胴甕(せきさいきゅうどうがめ)」と呼ばれるもので、瓶(かめ)の胴部分が大きく広がり、「ベンガラ」と呼ばれる赤い顔料が塗られているのが特徴。瓶口の下部には、縦方向に線を引くような模様も描かれていた。

 同キャンパス内にある帝京大総合博物館によると、土器は平成8~9年、大学敷地内の整備工事に伴う発掘調査で見つかった。多摩地区で土器が出土すること自体は珍しくなく、長らく保管されたままになっていたが、最近になり公益財団法人「山梨文化財研究所」(山梨県笛吹市)の平野修研究員を中心に出土品の精査を行っていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ