PR

ニュース プレミアム

「真田丸」ブーム去り、幸村の里は今…

高野下駅にある駅舎ホテルの「高野」の室内=和歌山県九度山町
高野下駅にある駅舎ホテルの「高野」の室内=和歌山県九度山町
その他の写真を見る(1/4枚)

 世界遺産・高野山(和歌山県高野町)一帯の活性化に、アクセスの高野線を持つ南海電鉄が力を入れている。戦国武将・真田信繁(幸村)ゆかりの地として知られる麓の九度山(くどやま)町の駅舎を改修し、鉄道ファン向けのホテルをオープンさせるなど、新たな事業を加速させている。3年前に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」のブームが去った中で、にぎわいを創出して観光客を取り戻そうという狙いだ。(山田淳史)

 九度山町では11月2日、高野線の2駅が改修され、ホテルのほか、おむすび販売店がオープンした。九度山駅に開業したおむすび店「くど」は、ガラス越しに見える3つのかまどで米を炊き、県産米をはじめ梅や漬けマグロ、加太ひじき、めはりなど和歌山の食材を使ったおむすびを販売。改札口内外から購入可能で、地酒や書籍も販売している。

 一方、高野下駅の駅舎ホテルは「ニッポニアホテル 高野山 参詣鉄道 オペレーテッド バイ キリンジ」という名で、4人用の「高野」(宿泊料金3万2千円~)と2人用の「天空」(同1万8千円~)の2部屋。

高野下駅の駅舎ホテルの部屋「高野」=和歌山県九度山町
高野下駅の駅舎ホテルの部屋「高野」=和歌山県九度山町
その他の写真を見る(2/4枚)

 先行オープンした「高野」は、室内を南海が昭和40年代に製造を始めた車両「7100系」の網棚やつり革、扉などのパーツで装飾。窓からは駅に出入りする電車を眺められる。「鉄道ファンならば一度は泊まってみたい客室」と担当者。

 いずれも専用ウェブサイトで予約。朝食・夕食はなく、宿泊料金は時季により変動する。

(次ページ)真田丸ブームで観光客が倍増177万人…そして

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ