PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】かんぽ生命、販売減でも増益 企業決算「上方修正」の不思議

記者会見で保険の不正販売を謝罪するかんぽ生命保険の堀金正章副社長=14日午後、東京都千代田区
記者会見で保険の不正販売を謝罪するかんぽ生命保険の堀金正章副社長=14日午後、東京都千代田区

 保険商品の不適切販売問題を受け、営業を自粛しているはずのかんぽ生命保険が、令和2年3月期の連結最終利益予想を従来の930億円から1340億円に上方修正した。新規の契約件数は当然、大幅に減少する見込みだが、逆に利益が予想より増える不思議な現象だ。どのようなカラクリがあるのだろうか-。

 「販売自粛後に限れば、契約数は前年の1割程度とみてもらっていい」。11月14日に開催された元年9月中間決算会見で、かんぽ生命の堀金正章副社長は自粛による打撃の大きさを明かした。

 かんぽ生命では不適切問題発覚後、顧客への対応に注力するため、7月中旬から販売を受託する郵便局などで積極的な販売を自粛。これを受け、4~9月期の個人保険の新規契約数は58万件と、前年同期の88万件から34・4%も減少した。

 それにも関わらず、9月中間期の最終利益は11・0%増の763億円。不利益を与えた顧客への保険金返還などの費用に約10億円、問題の実態調査などに35億円を計上した上での数字だ。

業界特有の事情

 「販売減で増益」という不可解な決算を読み解くと、保険独特の「ストック型」の収益構造と、「L字型」のコスト構造という2つのキーワードが浮かび上がる。

 保険は新たに獲得した契約だけでなく、保有する契約から保険料を得るストック型ビジネスだ。かんぽ生命には9月末で約2800万件もの保有契約があり、ここから1年間で得られる保険料収入は約4兆5000億円にのぼる。4~9月期でみると、新規契約は前年同期から約30万件減少し、保険料収入に換算すると約500億円ほど減ったが、減少幅は全体の収入の1%程度にすぎない。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ