PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ゲレーロも狙え、歴代外国人から見るリスクヘッジの大切さ

大リーグ通算92発の実績を持つジャスティン・ボア内野手
大リーグ通算92発の実績を持つジャスティン・ボア内野手
その他の写真を見る(1/2枚)

 誰が来ても安心などできません。“保険外国人”アレックス・ゲレーロ外野手(33)の調査は継続でお願いします。阪神は来季の新外国人として大リーグ通算92発のジャスティン・ボア内野手(31)=エンゼルス=の獲得を、早ければ週明けにも発表します。現役メジャーリーガーで親日家のボア獲得は補強策の大きな節目ですが、彼の日本球界での実績はゼロ。未知数ですね。近年の虎助っ人列伝?は見るも無残な失敗続き。来季に15年ぶりの優勝を狙うならば、今からリスクヘッジを考えておくべきです。元巨人の3億円外国人も視野の中に入れておくべきかもしれませんよ。

中山美穂が来る

 1年の流れは本当に速いものです。このコラムがアップされる24日は11月最後の日曜日。2019年もあと1カ月です。春季キャンプから阪神タイガースを追いかけ続け、シーズンが終了。オフシーズンを迎える一連の流れの速さ…。なんだか年をとるごとに月日の過ぎ去るのがだんだん、速くなっていやになります。そして、年をとればとるほど昔のことをよく思い出すんですよね。それも、しょーもないことを…。

 土曜日はファン感謝祭が満員の甲子園球場で行われました。最近の感謝祭はいつもスタンドにファンがあふれかえっていますが、われわれが担当記者だった時代はスタンドも空席が多かったんですよ。ところが、ある年のファン感謝祭だけは球場に入るファンの群れがすごく、記者連中も「きょうは何事や?」と驚いた年があります。どうしてかと球団職員に聞いたら「そりゃあ、今日はゲストで中山美穂が来るんやで。みんな中山美穂を見にくるんやがな」-。

 当時の虎番は悪ガキが多かったんですよ。私を筆頭に…。プレスルームの奥にある球場の会議室が中山美穂の更衣室と聞きつけてきた他紙の記者と「ほなら、中山美穂の着替えをのぞきにいこやないか」となって、数人で忍び足で更衣室に向かったのです。もう30年近く前ですよ。中山美穂の“生着替え”がのぞけるんちゃうか?とみんな背中がゾクゾクしてたと思います。ところが、部屋の前には屈強なガードマンが立っていました。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ