PR

ニュース プレミアム

【エンタメよもやま話】地価暴騰の米カリフォルニア GAFAが数千億円の“尻ぬぐい”に走らされたワケ

米アマゾン・コム、アップル、フェイスブック、グーグル各社のロゴマーク(ロイター=共同)
米アマゾン・コム、アップル、フェイスブック、グーグル各社のロゴマーク(ロイター=共同)

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、米国西海岸の不動産事情に絡むIT(情報技術)企業の興味深い取り組みに関するお話です。

 産経ニュースの昨年7月20日付の本コラム「年収1200万円は“低所得”米西海岸の不動産バブル事情

https://www.sankei.com/west/news/180720/wst1807200002-n1.html

や、同年9月7日付の本コラム「米不動産バブル、西海岸の街は『ホームレス』&『人糞』だらけ サンフランシスコの嘘のような話

https://www.sankei.com/west/news/180907/wst1809070005-n1.html

で詳しくご紹介しましたが、アップルやグーグルといった世界的なIT企業が本社を構えるシリコンバレーにほど近い街、サンフランシスコでは、こうしたIT企業のエリートサラリーマンがこぞって持ち家やマンションを購入。そのせいで不動産価格が暴騰。昔から住んでいる住民が多大な不利益を被り、ホームレスが急増するといった状況になっているのですが、その“元凶”と非難されているIT企業側も、さすがに見て見ぬふりを続けることができなくなったようです…。

    ◇   ◇

■米アップル2700億円、米グーグル1000億円…さらに衝撃「1700兆円」

 いつものように本コラムのネタ探しで海外メディアの電子版を巡回していて、このニュースを見つけた時には複雑な感情がわきました。

 11月4日付の米CBSニュース(電子版)などが報じているのですが、あの米アップルが、サンフランシスコをはじめとするカリフォルニア州で巻き起こるこうした“住宅危機”の解消に向け、総額25億ドル、日本円にして約2700億円を提供(寄付)すると発表したのです。

 具体的には、初めて住宅を購入する人が組むモーゲージ(住宅ローン)を支援するファンド(基金)と、手頃な価格の住宅供給をめざす住宅投資基金にそれぞれ各10億ドル(約1100億円)を拠出。米アップルがサンフランシスコにほど近い街、サンノゼに所有する3億ドル(約320億円)相当の土地を「普通の人が購入できる手頃な住宅地の開発」のために提供します。

 さらに、1億5000万ドル(約160億円)を拠出し、サンフランシスコなどの湾岸地域(ベイエリア)に手頃な住宅を増やすための基金を設立するほか、シリコンバレーの大半を抱えるサンタクララ郡でホームレス対策に取り組んでいる非営利組織に5000万ドル(約54億円)を寄付するといいいます。

(次ページ)米アップル2700億円でも“焼け石に水”の理由とは…

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ