PR

ニュース プレミアム

世界最高額500万円のカニはどこへ行った

500万円で競り落とされた「五輝星」=7日午前
500万円で競り落とされた「五輝星」=7日午前
その他の写真を見る(1/5枚)

 日本海の冬の味覚を代表する松葉ガニ(ズワイガニの雄)のシーズンが到来した。なかでも鳥取県の最高級ブランドガニ「五輝星(いつきぼし)」は、厳しい基準をクリアした“松葉ガニの王様”。昨年の初競りで200万円で落札され、「競りで落札された最も高額なカニ」としてギネス世界記録に認定されると、今年は昨年を大幅に上回る500万円で競り落とされた。こうして毎年その価格が話題になるが、これら最高額のカニはその後、どこへ行ったのだろうか。

500万円落札の理由は…

 今月7日に鳥取市の鳥取港で開かれたズワイガニの初競り。五輝星の松葉ガニ1匹に500万円の値がつくと、場内がどよめいた。

 鳥取県が平成27年に認定を始めた「五輝星」。認定の基準は、甲幅が13・5センチ以上▽重さ1・2キログラム以上▽鮮やかな色合い-など5つ。昨年これらの基準を満たしたのは101匹で総水揚げ量のわずか0・02%だった。27年に最高70万円の値がつくと、翌年は130万円に高騰。29年は鳥取港の初競りでの水揚げがなかったものの昨年は200万円で落札されていた。

 「500万円のカニ」は甲羅の幅14・6センチ、重さ1・24キロ。落札したのは、鳥取市の仲買業者「かねまさ・浜下商店」で、同社直営店で2日間展示した後、今月4日に開店したばかりの割烹(かっぽう)料理店「銀座結絆(ゆいな)」(東京都中央区銀座7丁目)に卸された。

500万円のカニは展示中、観光客や市民らが写真を撮影していた=鳥取市
500万円のカニは展示中、観光客や市民らが写真を撮影していた=鳥取市
その他の写真を見る(2/5枚)

 店主の小林和紀さんによると、「仕事でお世話になった人に五輝星のカニでお礼をしたい」との注文が入り、「かねまさ・浜下商店」に落札を依頼したという。

 500万円のカニは入荷した9日の夜に出された。食べたのは経営者の男性2人。松葉ガニを使ったコースメニューは通常3万円だが、この日は別の五輝星のカニと合わせ、800万円のフルコースとして提供した。

 メニューは刺し身や焼きガニ、天ぷら、しゃぶしゃぶ、雑炊、炊き込みご飯など。客の目の前でさばいて出した小林さんは、500万円のカニについて「身詰まりが良く、身に弾力や張りがあった」とし、客2人も「ほぐしたときの身の量が普通のカニの倍だった」と話していたという。

(次ページ)「料理人冥利に尽きる」水槽でも“VIP”…実は

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ