PR

ニュース プレミアム

報告書1枚だけ 和歌山県議会の海外視察は観光旅行?

和歌山県議会の海外視察報告書。A4サイズ1枚だけのものも(一部加工しています)
和歌山県議会の海外視察報告書。A4サイズ1枚だけのものも(一部加工しています)

 和歌山県議会が過去に行った海外視察で、県議に義務づけられている報告書が日程や訪問先を書いた1枚から数枚だけというケースが何度かあったことが明らかになり、「単なる観光旅行だ」と県民の批判を浴びている。県議会は視察結果を踏まえた一般質問を行い、その議事録をホームページ(HP)で公開するなどとした改善策を決めた。しかし、オンブズマンの関係者は「視察を政策に生かすのは当たり前。何が問題視されているのか(議員に)自覚がない証拠だ」と厳しく批判している。(前川康二)

 県議会事務局によると、県議会の海外視察は平成27~30年度では計11回。観光客の呼び込みに向けた調査や県産品の販路拡大などを目的に中国やマレーシア、インドネシアなどを訪れていた。

 視察の際は各議員が議長に申し出て、承認を得れば交通費と宿泊費が県議会予算から支出される。27年度~30年度では、1人当たり約14万円~約60万円が支出された。

 実施規定では、議長に報告書の提出が義務づけられている。しかし報告書はHPなどで公開しておらず、市民が閲覧したい場合は情報公開請求をする必要がある。

 産経新聞が情報公開請求で入手した資料によると、海外視察11回中、3回分の報告書(A4サイズ用紙)が1枚だった。内容も日程や訪問先などが記載されただけ。数枚のものでも、訪問先の関係者の名刺を貼り付け、行程を説明しただけなど簡単な内容で済ませていたケースが散見された。

 こうした対応が批判を浴び、県議会は今年3月から、正副議長や各会派の代表者らが協議し、改善策を検討。「内容を詳細にし、インターネットで公開を」「視察自体を見直すべきだ」「現状のままでいい」などさまざまな意見が出たが、半年がかりでようやく合意に達した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ