PR

ニュース プレミアム

【皇室ウイークリー】(616) 両陛下が国民の祝福受けられる 「大嘗祭」で陛下、五穀豊穣ご祈念

祝賀パレードを見学する沿道の人たちへ手を振られる天皇、皇后両陛下=10日午後、東京都港区(早坂洋祐撮影)
祝賀パレードを見学する沿道の人たちへ手を振られる天皇、皇后両陛下=10日午後、東京都港区(早坂洋祐撮影)
その他の写真を見る(1/11枚)

 天皇、皇后両陛下は今週、皇位継承に伴う重要行事や祝賀行事に、相次いで臨まれた。

 9日は東京都千代田区の皇居前広場で行われた、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典に姿を見せられた。式典では、陛下のご研究分野である「水」をテーマにした奉祝曲組曲を、全盲のピアニストの辻井伸行氏、アイドルグループ「嵐」のメンバーらが披露。両陛下は特設舞台を望む皇居の正門石橋でにこやかに鑑賞された。

 陛下は続くお言葉で、集まった3万人超の国民に謝意を示し「さまざまな機会に国民のみなさんと直接接し、みなさんの幸せを願う思いを、私たち2人で新たにしてきました」と即位後の半年を振り返られた。また、台風被害に対し「復旧が進み、被災された方々が安心できる生活が一日も早く戻ることを心から願っています」と気遣うなど、2分強のお言葉の中で半分近い時間を、被災地へのお見舞いの言葉に費やされた。

 その台風の影響で、当初予定されていた10月22日から延期となっていた国事行為のパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」が10日、開催された。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ