PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】ベビースター誕生60周年 育ててくれた地元に恩返し おやつタウン社長、松田好旦さん(71)

「頭は“これから”に向いています」と話す松田好旦さん =津市(沢野貴信撮影)
「頭は“これから”に向いています」と話す松田好旦さん =津市(沢野貴信撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 誰もが知っている菓子「ベビースターラーメン」の製造販売元「おやつカンパニー」は、津市郊外に本社と工場を構える。今夏、その隣に体験型テーマパーク「おやつタウン」がオープンした。同社会長の松田好旦(よしあき)さんが「育ててくれた地元への恩返し」と私財を投じて建設したのだ。そこには、最高のものを作る、やるからには必ず成功させる、という「企業家魂」も込められている。(聞き手 編集委員・粂博之)

■コバンザメにはならない

 津市中心部からクルマで約30分の丘陵地。工業団地の一画に「おやつタウン」はある。7月20日にオープンし、8月31日に来場者数10万人を達成した。年間で40万人来場、売上高12億円を目指している。「厳しめの目標ですが、達成できそうです」と話す松田さんの表情にあるのは安堵(あんど)の色ばかりでもない。「頭は『これからどうしていくか』の方に向いています。オープンは一つのステップに過ぎません」

 構想は20年以上前にさかのぼる。ベビースターは子供に人気で売れ行きは安定、キャラクターの認知度も高い。工場見学には年間約2万人が訪れる。それなら「体験型テーマパークを作ろう」。企画書をまとめ、三重県内で立地場所も物色した。一番の観光スポットである伊勢市、サーキットで有名な鈴鹿市、大型リゾート施設がある桑名市…。有名どころに依存する“コバンザメ商法”を考えたが「それでは埋没してしまう」と思い直し、現在の「何もない辺鄙(へんぴ)な土地」を選んだ。全国で販売するベビースターは、すべて津市の工場で作っている。一方、同市は観光スポットに乏しい地域。「ここには工場とテーマパークしかない」もうたい文句になると見込んだ。

今夏オープンした体験型テーマパーク「おやつタウン」 =津市(沢野貴信撮影)
今夏オープンした体験型テーマパーク「おやつタウン」 =津市(沢野貴信撮影)
その他の写真を見る(2/5枚)

 ただ当時は「持っているエネルギーの97%」をおやつカンパニーの経営に使っていたし、もうかるかどうか、本業に貢献するかどうか分からないテーマパークに会社の利益をつぎ込むことなどできない、と踏みとどまった。道が開けたのは平成26年。同族企業からの脱皮と海外展開を目的に、米投資ファンド、カーライル・グループの出資を受け入れ、業務提携したことで歯車は回り出した。創業家2代目の松田さんは、保有株式をカーライルに譲渡。その結果、テーマパーク開設に必要な資金を手にした。

 「準備はしっかりしていたので、すぐに動き出すことができました」。27年にテーマパーク運営会社を設立し、29年におやつカンパニーの社長から会長に就くと、テーマパークに注力することを宣言。「エネルギーの97%」を夢の実現に注ぎ込める態勢を整えた。

(次ページ)話題の「おやつタウン」、ずばり目標は子供の…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ