PR

ニュース プレミアム

守れ原生林 シカVS植物学者、勝負の行方は?

ニホンジカによる樹皮剥ぎの跡(福本繁さん提供、令和元年7月7日撮影)
ニホンジカによる樹皮剥ぎの跡(福本繁さん提供、令和元年7月7日撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 西日本有数の原生林が広がる「芦生(あしう)研究林」(京都府南丹市)が危機にひんしている。豊かな植生の荒廃が進み、生物相の多様性が失われるなどしているのだ。原因は20年ほど前から急激に個体数を増やしたニホンジカによる食害。研究者らが対策に乗り出したが、保護区内への侵入を完全に防ぐことは容易ではなく、研究者とシカの“駆け引き”が今も続いている。(桑村大)

貴重な研究林

 京都府北東部を流れる由良川の源流域に広がる緑豊かな芦生研究林。約4200ヘクタールのうち約半分は人の手が加えられていない原生林として保全されてきた。

 研究林には貴重な植物種が数多く確認され、昭和16(1941)年には東大教授で植物分類学者の権威、中井猛之進氏が「植物ヲ學ブモノハ一度ハ京大ノ芦生演習林ヲ見ルベシ」と学術誌に評したほどだ。

 しかし、多様性に富んだ研究林は近年、むき出しになった地肌が目立ち、生育する植物にも偏りが見られるようになるなど姿を大きく変えつつある。最大の原因は、ニホンジカによる食害。研究林長の石原正恵准教授(森林生態学)は「多様性の危機を迎えていると言わざるをえない」と指摘するほどだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ