PR

ニュース プレミアム

【コリア実況中継!】「200万人デモ」実は7万人 ビッグデータが暴く韓国“民意”の虚実

 KBSテレビも同様に10月5日の親政府派の集会と、10月3日の反政府集会を対象に調査し、それぞれ「11万4000人」、「36万7000人」と推計した。

 どちらがより多くの人を集めたか、という左派勢力と野党・右派勢力の論争は、数字の上では後者の勝利となった。

■右派の集会は高齢者ばかり

 一方、携帯電話のデータを利用した今回の調査手法の特徴は、参加者の年齢層をも把握できる点にある。

 朝鮮日報の調査では、右派による反政府集会の参加者は60歳代以上の高齢層が75・9%で、他の年齢層を圧倒。10~30歳代の若年層は全体の5%にも満たないことが判明した。政権支持の左派集会でも中心は40~50歳代(56・3%)で、若い世代が積極的に参加した朴前政権時のデモとの違いが浮き彫りになった。

 朴政権を退陣に追い込んだ「ロウソク革命」の盛り上がりを再現することで文政権を後押ししたいけれど、動員を伸ばせない左派。動員力では上回るものの、参加者が高齢者に偏る右派。そして、双方に白けた視線を向ける若者-。ビッグデータは、そんな韓国社会の実態を示唆しているともいえそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ