PR

ニュース プレミアム

W杯戦士が次々と参戦 日本のトップリーグはラグビーオールスターズ

下部リーグも見逃せない

 例年、秋から冬にかけてシーズンたけなわとなるトップリーグだが、今季はW杯が開かれていたため来年1月12日の開幕となる。それが待ちきれなくとも、11月15日に開幕を迎える下部リーグ、トップチャレンジリーグの充実ぶりも決してあなどれない。

 なかでも注目は古豪、近鉄だ。今大会2トライを挙げた豪州代表スクラムハーフのウィル・ゲニアとともに、元豪州代表スタンドオフのクウェイド・クーパーも獲得。11、15年W杯を彩った豪州代表ハーフ団が、日本で再結成されることになる。

 近鉄の看板選手といえば、W杯を最後に桜のジャージーを脱ぎ、今季限りで現役も退くトンプソン・ルーク。最高の助っ人を得て、最後のシーズンに念願のトップリーグ復帰を目指して獅子奮迅の活躍を見せてくれそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ