PR

ニュース プレミアム

ふるさと納税問題の新常識!? GCFってなんだ

 この取り組みでは、公益性や公共性があり通常の補助制度の対象となる可能性があるものについて、福井県が認めた県内事業者や団体が事業主体になれる。この手法は増え始めていて、レディーフォーによると、28年12月以降で59件あったGCFの36件で地元事業者が事業主体になっていた。

 メリットとして福井県定住交流課は「事業を実施できるまでのスピードが早くなる」とする。ある事業を行う場合、その事業に見合った補助制度がなく、新設すると、1年はかかる。だが、GCFを使えば、目標金額の達成が条件となるが、数カ月で事業化の道筋ができるからだ。

 同課は、GCFについて「自治体にとって地域支援施策に選択肢が増えたことになる。地元応援というふるさと納税の趣旨にも合い、新たな意義を見いだせる」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ