PR

ニュース プレミアム

台風被災者に無償製品交換、阪神大震災での支援の恩返し

大阪市北区のサンワカンパニー本社でインタビューに応じる山根太郎社長 (黒川信雄撮影)
大阪市北区のサンワカンパニー本社でインタビューに応じる山根太郎社長 (黒川信雄撮影)

 地震や巨大台風などによる自然災害が相次ぐ中、キッチンや浴室などの住宅設備製造を手掛けるサンワカンパニー(大阪市北区)が、被災した顧客に対して無償で製品を交換するサービスを続けている。同社は、平成7年の阪神大震災で経営危機に陥り、支援を受けて立ち直った経緯があり、同社の山根太郎社長(36)は「自分たちも助けてもらって今日がある。その恩にこたえないのは不義理」と強調。今月発生した台風19号で被災した顧客にも「ぜひ利用してほしい」と訴えている。

(黒川信雄) 

 山根氏の父で創業者の幸治氏(故人)が社長だった時代。阪神大震災で神戸市内にあった倉庫が破壊され、倒産の瀬戸際に追い込まれた。

 倉庫には、当時の年間売り上げに匹敵する規模のタイルが保管されていたが、屋根が破損し出荷できなくなった。そんなとき、窮状を知ったイタリアのメーカーは、全額無償で同じ商品の提供を申し出てくれ、さらにドイツの航空会社も無償で日本に空輸してくれた。納入先のデベロッパーも期限を遅らせてくれ、「首の皮一枚で、会社の経営が維持された」(山根氏)という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ