PR

ニュース プレミアム

大物タレント独占で大阪一人勝ち? 新アリーナ構想におびえる周辺

その他の写真を見る(1/4枚)

 大阪・関西万博が開催される令和7(2025)年までに、大阪府吹田市の万博記念公園内に2~3万人規模を収容可能な国内最大級のアリーナが誕生する。屋内での音楽ライブやスポーツの需要が高まる中、関西は首都圏に比べてアリーナの少なさが指摘されていた。ファンや興行関係者からは「関西での市場拡大の契機に」と歓迎の声が広がる。一方、大阪に隣接する兵庫県は「大阪に置いていかれる」との危機感を強めており、大阪に負けじと“兵庫アリーナ”の実現を模索している。(尾崎豪一)

待望の大型アリーナ

 「万博公園に世界的規模のアリーナを」。大阪府の吉村洋文知事は9月17日の会見で壮大な構想を発表。10月から事業者の募集を始めた。これを受け、インターネット上では「大物アーティストの来阪に期待」「大阪城ホールとドームの中間規模という発想がすばらしい」などの意見であふれ返っている。

 音楽興行主らでつくるコンサートプロモーターズ協会によると、平成21年に1255億円だったライブイベントの市場規模は30年に3448億円まで成長。需要が高まる中、問題になっているのが会場の不足だ。

 特に関西は音楽とスポーツの興行がともに可能な1万人以上収容の屋内型施設が大阪城ホール(大阪市中央区、1万6千人)など5施設しかなく、同ホールの週末の予約は数年先まで埋まっているという。同ホール以上の施設は京セラドーム大阪(同市西区、5万5千人)のみ。5千人以上に範囲を広げると10施設以上あるが、騒音対策で音楽興行が行われていない施設もある。首都圏のさいたまスーパーアリーナ(さいたま市、3万7千人)や横浜アリーナ(横浜市、1万7千人)に匹敵する施設誕生への期待は高まっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ