PR

ニュース プレミアム

睡眠ビジネス活況「眠り」競うポケモンゲームも!?

「ポケモンスリープ」投入、寝る前にコーヒーも

 スリープテック市場では、一見して睡眠とは結びつきにくそうな業種からの参入も目立ち始めた。

 株式会社ポケモンは今年5月の事業戦略説明会で、睡眠を楽しむゲームアプリ「ポケモンスリープ」を来年に投入すると明らかにした。詳細は不明だが、ポケモンに登場するキャラクターと一緒に睡眠時間を計測しながら休息することを想定しているという。

 石原恒和社長は「朝、スマホを開いたらちょっとうれしいことが起きているようなサービスだ」と述べた。

 また、ネスレ日本は3月に店内にベッドやリクライニングシートを備えた「睡眠カフェ」を東京・大井町にオープン。寝る前にコーヒーを飲むと目覚めがすっきりするというコンセプトで、良質な睡眠を促す効能をアピールしてコーヒーの消費量を増やそうという狙いがある。

 30分~3時間の利用時間のうち、人気を集めているのが30分~1時間のコースだ。平日午後に数十分の仮眠を目的に来店するリピーターが増えてきたという。

 広報担当者は「想定を上回るペースで集客が進んでいる。ビジネスパーソン以外に学生の来店も多く、今後も幅広い世代に支持される店を目指していきたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ