PR

ニュース プレミアム

自然保護か経済か、IR誘致で揺れる苫小牧 北海道

その他の写真を見る(1/2枚)

 自然保護か、経済か。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致合戦が本格化する中、誘致を検討中の北海道が苫小牧(とまこまい)市で開催した説明会では、参加した市民らから賛否の表明が続いた。道が優先候補地とする同市には、ハクチョウなどの飛来地として世界的に知られるウトナイ湖がある。環境への影響を懸念する声が相次ぐ一方、地域活性化を期待する意見に拍手が起きる場面もみられた。(寺田理恵)

「環境あっての観光」

 「中国人観光客は決してカジノを北海道に望んでいない。環境あっての観光だ」

 長年、近くの観光地に勤めていたという女性が、外国人観光客と接した経験から誘致に反対した。その上で、ウトナイ湖に関して市の管理計画などがどうなっているかを尋ねた。

 これに対し、道経済部の幹部が「自然と調和できるかは大きな判断材料。意見を参考にしたい」と回答すると、会場は「答えになっていない」などの声でざわついた。

 説明会は、道民にIRについて理解を深めてもらおうと道が10月23日に開き、約170人が参加した。道では4月、引退間近だった高橋はるみ前知事が苫小牧市を優先候補地として、誘致の取り組みを重要とする考え方を公表しており、住民の関心は高い様子だ。

「野鳥の楽園」影響は

 IRは、カジノだけでなく会議場やホテル、商業施設などが一体的に運営される。立地区域に決まれば、大規模な開発が行われる。

 説明会の冒頭、IRの概要を説明した道幹部も、道内に設置する場合の課題を「自然との共存」とし、ウトナイ湖の環境に対する配慮を挙げていた。

 ウトナイ湖は、ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)の登録湿地だ。渡り鳥の重要な中継地となっており、「野鳥の楽園」とも呼ばれている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ