PR

ニュース プレミアム

なでしこ、11月10日に南ア戦 高倉監督、ラグビー日本代表から刺激「気持ちのこもった試合を」

 そうした相手との実戦で選手に求めるのが臨機応変の対応力だ。「アフリカ勢は規律よりも個の力強さに特徴があり、ピッチのあちこちで予測しないような事態が起こる。選手が試合の中でどのように対応していくのかをみていきたい」と南アフリカ戦での着目点を挙げた。

 なでしこはW杯フランス大会の決勝トーナメント1回戦でオランダに敗れて姿を消した。2011年ドイツ大会の優勝や15年カナダ大会の準優勝と同等の好成績を求めていた国民の目は冷ややかだ。

 ただ、冷めた視線にさらされていたのは、ラグビーW杯が開幕する前の日本代表も同じ。「W杯で負けて目の色が変わってあとは成長するだけ」と選手の伸びしろを信じる指揮官も、ホームの後押しを受ける東京五輪での快進撃を確信している。(運動部 奥山次郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ