PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】憲法改正、かつての草案にこだわる石破氏 “人質”とられてなお

自民党の石破茂元幹事長(桐原正道撮影)
自民党の石破茂元幹事長(桐原正道撮影)

 自民党の石破茂元幹事長が憲法9条への自衛隊明記などを盛り込んだ党の「改憲4項目」に背を向け続けている。党執行部は9月の役員人事で、党の改憲議論のエンジン役となる憲法改正推進本部の要職に石破派の中堅議員を起用し、身内の切り崩しも進めた。それでも石破氏は野党時代の平成24年に策定した党の憲法改正草案の正当性に執着し、変化の兆しをみせない。

 「改憲4項目と平成24年に党議決定した党改憲案(党の憲法改正草案)はどういう関係に立つのか。整理しないと時間を空費する。野党の時だったから、といえば野党の言うことなど誰も信用しなくなる」

 「(平成30年3月の)党大会で、改憲4項目が承認されたという人がいるが、承認の拍手や起立を求められたことはなかった。党議決定はそれなりの手続きが必要で、わが党はそういうプロセスを経て今日まである政党だ」

 石破氏は10月11日、党憲法改正推進本部の会合で、持説をまくし立てた。会合には二階俊博幹事長や岸田文雄政調会長らが出席し、挙党態勢で憲法改正に臨む姿勢をアピールする場だったはずだが、石破氏の発言は異彩を放っていた。

 石破氏は安倍晋三首相(党総裁)と同じく憲法改正を宿願とするが、プロセスの考え方は異なる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ