PR

ニュース プレミアム

【ビジネス解読】アフリカ豚コレラで中国、米国からの豚肉輸入急増

中国河北省の養豚場(AP)
中国河北省の養豚場(AP)

 世界最大の豚肉消費国である中国で、アフリカ豚コレラ(ASF)が猛威をふるっている。豚肉価格の高騰を受け、中国当局は政府備蓄の豚肉を市場放出するなど対応に追われている。貿易交渉協議で米国から譲歩を引き出したい習近平政権は、米国産豚肉の輸入を拡大し、トランプ米大統領から譲歩を引き出しながら、中国国内の豚肉価格も引き下げる「一石二鳥」の策を描く。ただ、市民は犬やウサギの肉を代替として消費しはじめるなど、豚肉不足は相当に深刻だ。

 中国江西省万安県の地方都市にある食堂にはメニューがなく、客は直接調理室で野菜や肉を選び、好みの調理法を指定する。だが、最近は厨房に豚肉はなく、店員は犬の肉を勧めるという。伝統的な料理ではあるが、最近はあまり人気がない。それでも、高騰する豚肉に比べ、求めやすくなっているようだ。同県内のスーパーでは、ウサギの肉も特売され、同じ価格で買える豚肉は、ほとんど肉がついていない足の骨ぐらいだという。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)が22日、現地の様子を伝えた。

 ASFは日本でも感染が拡大している豚コレラとは別の病気で致死率が高く、ワクチンもないため、封じ込めが難しい。アジアでは昨年8月3日に中国で初めて発生が確認されて以降、感染地域が拡大している。豚コレラと同じく人には感染しないが、1頭でも感染すれば同じ養豚場の豚をすべて処分しなくてはならない。

 中国国家統計局は、今年8月の消費者物価指数の発表の中で、豚肉価格が前年同月比46・7%上昇と、大幅に値上がりをしているとした。「計画経済」を看板とする中国政府は、養豚業者支援のさまざまな施策を打ち出す一方、9月19日に政府が備蓄する豚肉を市場放出すると発表。10月1日の国慶節(建国記念日)の大型連休前に、中国の消費者にとっては食肉の中でも「繁栄」など特別の意味合いを持つ豚肉の供給拡大と価格引き下げに躍起となった。

 一方、米国農務省(USDA)は、2020年末までに、中国の食肉用の豚が感染前より4割減少し、米国産豚肉の対中輸出が急増するとの見方を示した。実際、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスによると、8月の対中豚肉輸出は5万6700トンで同月として過去最高を記録した。米トランプ政権が「貿易戦争」を中国に仕掛ける前の2016年8月の倍以上にあたり、今年1~8月の輸出量は昨年実績をすでに超えた。

 米国の養豚業者は、肉質をコントロールするため、飼料にラクトパミンと呼ばれる薬剤を混合する。だが、中国ではこの薬剤が禁止されているため、中国向け輸出増を見込んで薬剤混合をやめる米養豚業者も現れているという。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ