PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】凶悪事件に発展も…ご近所トラブルに潜む恐怖

女性が襲われた現場を調べる捜査員ら=10月4日、大阪府豊中市 (安元雄太撮影)
女性が襲われた現場を調べる捜査員ら=10月4日、大阪府豊中市 (安元雄太撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府豊中市の住宅街で今月、女性(47)が金づちを持った男に自宅前で襲われた。女性は頭を複数回殴られ、意識不明の重体に。現場には血だまりができ、周囲は一時騒然となった。大阪府警は殺人未遂容疑で、女性宅の隣に住む無職の男(31)を現行犯逮捕。以前から女性は、男から因縁を付けられていたことを警察に相談していたという。誰しも身近に起こりうる近隣トラブルだが、凶悪事件に発展するケースも珍しくない。

現場に大量の血

 10月4日午前9時前、阪急豊中駅から東に約2キロの閑静な住宅街。いつもの平穏な朝が、女性の叫び声で一変した。

 「きゃー」。府警や近隣住民によると、叫び声を聞くなどして駆け付けた通行人らが「男が女性を金づちで殴っている」と110番。男は路上で執拗(しつよう)に女性の頭を殴打しており、通行人らが「やめろ」などと懸命に制止したが、現場には大量の血が流れ、近隣住民らが持ってきた大量のタオルで応急処置が行われた。通報を受けた警察官が到着すると、白いTシャツにジーンズ姿の男が立ち尽くしており、その場で現行犯逮捕。金づち(長さ33センチ)も押収された。

 女性は子供を幼稚園に送る準備をしていたところを襲われたとみられ、事件直前に2人が口論になっていたとの目撃情報もあるという。女性は頭蓋骨を骨折するなどし、意識不明の重体となった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ