PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】嘘だらけのHPと甘い誘い…違法な無修正AVの裏側

 「業界トップクラスの営業力とネットワーク」「応募する女の子の立場を考えた運営」。大阪府警がこの夏に摘発した大阪市のアダルトビデオ(AV)制作会社は、ホームページ(HP)でこううたい、大手モデルプロダクションを装い女性を集めていた。しかし実際にはモザイク処理のない無修正AVに次々と出演させて荒稼ぎしていたことが判明。出演強要が社会問題化して以降、健全化を目指してきたAV業界だが、女性を“食い物”にする違法業者が依然幅を利かせる現状が浮き彫りになった。

 AV制作会社「ミュゼ」の存在が明らかになったのは昨年8月。20代女性が府警に「2年前にだまされてAVの撮影をされ、無修正動画が海外サイトで今も販売されている」と駆け込んだことがきっかけだった。

 無修正AVを公開することは禁止されており、府警は7月、わいせつ電磁的記録送信頒布容疑で、同社社長の男(42)と男優兼撮影・編集担当として協力していた男(33)を逮捕。その後の調べで、嘘で固めたHPで女性を呼び寄せ、甘い言葉でAV出演を持ちかける巧妙な手口が浮かび上がってきた。

「大手」の安心感

 同社は「ベルプロモーション」と名乗ったHPで、西日本7カ所に事務所を構え、AVだけでなくモデルやグラビア撮影、テレビ出演など豊富な仕事を用意できる「業界トップクラスのプロダクション」とアピール。あえて「無修正作品は違法」「悪質プロダクションでは説明なしに無修正の撮影を組まれることがある」と説明し、「モデル第一主義の原点に戻り、怪しい会社の仕事はさせない」と強調していた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ