PR

ニュース プレミアム

滋賀は穴場? 中国人違法マッサージ店急増の背景

中国籍の女が経営していた違法マッサージ店=草津市
中国籍の女が経営していた違法マッサージ店=草津市

 今年に入り、滋賀県内で性的サービスを行う違法マッサージ店の摘発が相次いでいる。ほとんどが中国人の経営する店舗で、滋賀県警は9月末までに年間では過去最多の7店を摘発し、経営者の中国人ら計11人を逮捕したが、すぐに新たな店舗がオープンする「いたちごっこ」が続いている。以前摘発した店舗が不起訴処分となったケースも影響してか、県警は「滋賀が“穴場”だと思われている可能性が高い」(捜査関係者)とみて警戒している。(清水更沙)

月400万の稼ぎも

 県警は9月11日、風営法違反(禁止地域営業)の疑いで、同県草津市野村の個室マッサージ店「リラクゼーション月」の経営者で中国籍の王玉娟(ワンユージュエン)(51)=同県栗東市=と、従業員で中国籍の王敏(ワンミン)(41)=広島市中区=の両容疑者を逮捕。王敏容疑者はその後同罪で起訴された。

 住宅街の一角のマンション内にある同店は、看板に「整体」「足つぼマッサージ」といった通常のマッサージコースが示され、料金も一般的なマッサージ店と変わらない30分2800円と書かれていた。しかし県警によると、実際はもっと高額な料金で性的なサービスを行っていたという。近くの住民は「夜の2時ごろまで営業していた。窓がなく、外から中の様子は分からないが、普通のマッサージ店ではないと思っていた」と話す。

 2人は日本人男性と結婚して永住権を取得。玉娟容疑者は少なくとも2年前から店を構えていたとみられる。

 これまでに摘発された店舗はいずれも中国人の女の経営者と数人の従業員で営業。利用客は後を絶たず、月300万~400万円の売り上げがあり、1人で月100万円近く稼ぐ従業員もいたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ